パスワードを忘れた? アカウント作成

プラスチック製ストローの代替品、どれなら使う?」記事へのコメント

  • ただのオナニー (スコア:5, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    日本においてストローやレジ袋は「燃えるゴミ」になる。
    この場合、ゴミ自身が燃料となり、他のゴミを燃やす用途で「石油として」リサイクルされ使われている。
    だからそれらの環境負荷なんて、ほんとーーーに、たかがしれている。

    海洋汚染とかマイクロプラスチックとかは他の原因(例えば人工芝)ということが
    分かってきているのに、的はずれな身近な存在をやり玉に挙げ、結果、
    便利さを手放してエコっぽいことやるのは
    ただの環境オナニーに過ぎないのではないだろうか。

    • by Anonymous Coward

      短期的にはそれも1つの見識だと思う。
      ただ流行もあんまり馬鹿にはできなくて、一過性のものではない潮流・気づき・新技術が流行を起点に生まれる事もある。
      (そりゃそうだ。リソースも大衆の意識もそこに集中するんだから。)

      あとプラスチックストローからの転換は、エコロジカルな生産消費活動に「全く」寄与しないの?
      優先度の高いものから対策するのは当然としても、大きなデメリットを伴わなければ
      低いものに手を着けたっていいんじゃない?
      そこから、より大きな課題に援用できる手法や技術が生まれることもあるだろうし。

      燃えるゴミの「回生効率」(この場合には使わない用語かも)がそんなに大きいとは知らなんだ。
      燃やす時に石油化してるんだ。
      ゴミ処理技術なんて目立たない分野だけど、昭和年代から見たらすごい革新だよなあ。

      • by Anonymous Coward

        再使用型のストローは洗浄に洗剤使うんで、使う材料に比べ再利用時の環境負荷が高い。
        バイオ材料の使い捨てならポイ捨て負荷と持続可能性で若干上回るが、
        製造コストが上がる上に採用したことを宣伝した瞬間、
        ポイ捨てするバカが激増して環境負荷が馬鹿みたいに上がる。
        そも製造コストが高い時点で、製造における環境負荷もそう低くない。主原料が持続可能であるだけ。

        環境的効果薄い、コスト高い、宣伝効果を得ようとした瞬間全てご破産。
        ただの苦行ですな。植林でもしとけ。

        • by Anonymous Coward on 2019年11月05日 22時43分 (#3711191)

          結論: リサイクルとかエコとか偽善だクサいんだ気に食わないんだ

          > 再使用型のストローは洗浄に洗剤使うんで、使う材料に比べ再利用時の環境負荷が高い。

          プラごみリサイクル始まった前後にも、同じこと言われてたよね。
          間違っちゃいないが、今や運用と設備の拡充でペイできてる所が多いんだけど。

          > バイオ材料の使い捨てならポイ捨て負荷と持続可能性で若干上回るが、

          落ち着け。何が、何に対して上回るんだ?(推敲くらいせんかい。)

          > 製造コストが上がる上に採用したことを宣伝した瞬間、
          > ポイ捨てするバカが激増して環境負荷が馬鹿みたいに上がる。

          この予想、キミのコメントの骨子になる部分だけどずいぶんと自信があるじゃん。
          妄想やただの願望でないなら根拠を示してくれるかい?

          > そも製造コストが高い時点で、製造における環境負荷もそう低くない。
          > 主原料が持続可能であるだけ。

          ・ 「コスト高い ⇒ 環境負荷低くない」:これ成り立つの?
           とりあえず、環境基本法 [e-gov.go.jp]読んどいて。
          ・ サイクルを試験的に運用してみて、コストがいつまでも高いままなら一考するべき。
           でも、世の中そうじゃない製品であふれてる。近視ひどすぎない?
          ・ 主原料が持続可能であることの、コストに対する定量的評価は?
           なんで考えようともしないの?
           リサイクル憎しで放言してるだけ、それこそただのオナニーじゃん。

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...