パスワードを忘れた? アカウント作成

「パソコンがない時代、どうやって仕事してたの?」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    『計算課』という部署で、女の子たちがそろばんを使って
    タテヨコの計算をしている描写があった。
    あと、今ならググるんだろうけど、資料を探すだけの部署とか。

    • by Anonymous Coward

      うちの親父は役所に出す文書を和文タイプで打ってたなぁ…。
      かっちゃこーん、かっちゃこーん、ぎーばったん。
      ※こっそり弄って、ピリオドで穴開けた思い出が…。

      測量図面(土地を登記するお仕事です)は手書きだったみたいだな。
      でもかなり早期にX-Yプロッタ化してた…。やっぱ手書きは嫌だよね。
      ワープロ導入よりも先に、測量図面がデジタル化してたってのが面白い。

      • Re: (スコア:5, 興味深い)

        高校時代が端境期で、教師が試験問題を作るのに
        ・NEC PC-9801/EPSON互換機
        ・ワープロ専用機
        ・和文タイプ
        ・問題集切り貼り(+数字とかを手書きで修正)
        ・完全手書き
        と、いろいろな流派が混在してた。

        当時新聞部にいたけど、原稿は手書きで印刷屋に渡してた。書き終わってから修正となると、全文書き直したりとか、場合によっては頑張って切り貼り。1文字削除するのに、1行目と2行目の間で切り離して入れ替え(1行目を最下行に)とか。

        でも、情報科/普通科併設の高校で、大型計算機(ACOS)とミニコン(N5200)が自由に使える環境で、クラブの部誌とかワープロで作ることも可能だった。

        で、自分はそれなりにキータイプが速かったもので、女子からワープロ打ちを頼まれたことがあったんだけど、
        その原稿が日向小次郎と若島津健のラブコメ小説だったりして、当時はBLなんてものも知らず、
        頭が???となりながらタイプしたのも遠い思い出。

        • by Anonymous Coward

          両親が中学教師でした。時代の変遷に伴い
          ガリ版 → 和文タイプ → リコーのワープロ専用機(リース) → EPSON互換機
          と移行してました。
          和文タイプの時期は短かった記憶。さすがに一文字毎にどこだと探してガチャンガチャンするのは苦行すぎたのかも。

          • by Anonymous Coward on 2019年11月06日 0時37分 (#3711245)

            テスト問題の印刷は
            鉄筆で原紙を切る(ガリを切る)から和文タイプライタで原紙作成して
            一枚一枚印刷から輪転謄写機に変わって
            理想科学工業から原紙作成から印刷まで一体自動化したリソグラフに変わり
            現在にいたるという感じかな。
            使い方はコピー機と同じ、インクかトナー、リソグラフは紙を選ばない、
            コピー機より維持費が安い

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...