パスワードを忘れた? アカウント作成

多くの企業で正社員が不足している」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ご飯を食べてないとお腹が空くことがわかったとか、寝てないから眠いのだ。
    みたいなこと言われても当たり前ですよねとしか思えない

    • by Anonymous Coward

      一方内部留保は過去最高とかアホかバカかと…

      • Re: (スコア:0, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward

        内部留保って言葉を使ってくれると、会計に無知なのが丸わかりで助かる。

        • by Anonymous Coward

          内部留保って言葉を使うと会計に無知だとなぜわかるんでしょうか?

          「内部留保って言葉を使うと会計に無知だとわかる」っていってると会計に無知だとわかるけど。

          内部留保は正式な会計用語ではないけど、概念としては会計上存在していて、会計を生業としているプロでも使うよね。

          • by Anonymous Coward on 2019年11月06日 14時48分 (#3711573)

            内部留保って言葉を使うと会計に無知だとなぜわかるんでしょうか?

            「内部留保って言葉を使うと会計に無知だとわかる」っていってると会計に無知だとわかるけど。

            内部留保は正式な会計用語ではないけど、概念としては会計上存在していて、会計を生業としているプロでも使うよね。

            会社に積み上がっている現金だと勘違いしているシロウトが多いからでしょ、雇用や給料のコンテキストで内部留保と出てくると。
            内部留保がどうのなんてアヤシゲな言葉を使わずに、単に人件費を増やせって言えば良いんですよ。

            • by Anonymous Coward on 2019年11月06日 15時40分 (#3711610)

              > 内部留保は正式な会計用語ではないけど、概念としては会計上存在していて、会計を生業としているプロでも使うよね。

              はい。その通りですが、どこかネット上で見た説明文と同じですね。
              ま、合ってるからいいです。

              > 会社に積み上がっている現金だと勘違いしているシロウトが多いからでしょ、

              現金(預金)も内部留保(という概念)に計上される一つの大きなファクターですよね。
              だから間違いではないでしょ。

              > 雇用や給料のコンテキストで内部留保と出てくると。
              > 内部留保がどうのなんてアヤシゲな言葉を使わずに、単に人件費を増やせって言えば良いんですよ。

              内部留保の増大が問題視されるのは雇用や給料というより、法人税減税の結果として指摘されることが多いです。
              法人税を減税することで企業が活性化し、設備投資や雇用・給与に資金を使えるようになって経済が上向くという目論見だったはずですが、実際には給料も下がり、設備投資も減っていました(増えたというデータは改ざんされてたことが判明)。

              設備や人件費に投資しなくても税率が下がったから余剰資金として貯める動きになったわけです。

              法人税が高ければ、税金で取られるよりは設備投資や人件費に回そうと経営者が考えたでしょうね。
              そこになって初めて雇用・給料の話になる。

              • by Anonymous Coward

                内部留保を諸表に出てくる言葉にすると、当期利益余剰金や繰越利益余剰金。まあそれを少しいじったものが普通だけど。
                利益余剰金は貸借対照表の資本の部、対して現預金は資産の部。部が違うものをファクターとか言って同一視するのは、
                会計を理解してないって事でしょう。

                読めるんだったら、上場企業の決算書を見てごらん。死ぬほど現預金を積み上げてる会社なんて、珍しいですから。

                設備投資を行わないのは、税率が低くなったからというのは、主因じゃないですね。日本経済というか企業を取り巻く環境が成熟した結果、投資に対するリターンが低くなって投資妙味があまりなくなった、と言うことでしょうね。
                それとバブルの後遺症かな。バブル期に簡単にできた借金で設備投資をして、それがバブル崩壊期に過剰生産力となって長く苦しんだ過去があるんですよ。製造業の話とすれば。最近は転注も多いし。下手に設備投資をすると、バブル崩壊期の悪夢は再び見たくは無いんでしょうね。
                製造業以外なら、設備投資に相当するのが人件費なんでしょうね。

              • by Anonymous Coward

                法人税が高ければ、税金で取られるよりは設備投資や人件費に回そうと経営者が考えたでしょうね。

                個人的にはこの部分ってあんまし説得力ないのよね。どちらかというと企業買収がやりたい放題なので買収する場合でも買収されるのを防ぐ場合でも現金はあった方がいい、ので法人税が高かろうが低かろうが企業は現金貯めこまざるを得ないって方が納得がいくかな。

                もし後者の方が正しいなら法人税を上げるんじゃなくて、企業買収の方のルールについて考えないといけないんじゃないかと思う。例えば企業買収の目的の一つには同業他社と一つになる事によって市場独占力を高める事もあるので、独禁法をもっと厳格に適用するために公正取引委員会の権限や予算を強化するとか。

              • by Anonymous Coward on 2019年11月06日 23時36分 (#3711859)

                人件費を削ったから利益が嵩上げされ内部留保として積み上がり、その結果人がいないと嘆く…
                これをアホと呼ばずして何と呼ぶ

              • by Anonymous Coward on 2019年11月07日 2時16分 (#3711896)

                死ぬほど現預金を積み上げてる会社なんて、珍しいですから。

                財務省財務総合政策研究所の研究員が書いた日本企業の現預金保有行動とその合理性の検証(pdf) [mof.go.jp]という論文には、日本企業の2016年度の現預金額は約211兆円と書かれていますが、これは積み上げたと言える額ではないという主張でしょうか?

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...