パスワードを忘れた? アカウント作成

米国がパリ協定からの離脱を正式に通告」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    二酸化炭素増加→温暖化がいつの間にか気候変動に変わっているし…

    • by Anonymous Coward on 2019年11月07日 12時15分 (#3712090)

      実際のところ、「温暖化を含む有害な気候変動の主たる原因はCO2濃度の上昇」って点ではほぼすべての学者の意見が一致しているところなので寝言はなるべく寝ながらおっしゃってくださいという感想です

      • by Anonymous Coward

        気候変動由来でCO2濃度が増してるって説も見たことありますけどほぼすべての学者の意見というのはどこ由来なのでしょうか。

        • by Anonymous Coward on 2019年11月07日 15時45分 (#3712238)

          温暖化によってCO2濃度が上昇ってのは一部正しい。
          土壌の有機物の分解が速まるから。
          しかし、現在の二酸化炭素濃度上昇の原因の大半は、化石燃料由来だってのは同位体分析で明らかになっている。
          そもそも海は二酸化炭素を吸収する側だし。

          「人為的な温暖化」説を支持しているのが大多数ってのは、John Cookの論文でも定量的に調べられている。
          気候科学を知らない素人程、「人為的温暖化を信じない」という傾向もあるらしい。
          https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/8/2/024024 [iop.org]
          https://static.skepticalscience.com/graphics/Expertise_vs_Consensus_med.jpg [skepticalscience.com]

          まあ、世界中の主要な学会が公的に「人為的な温暖化が起きている」と表明していて、
          それに反する“学会”は石油会社とかの資金援助を受けているところばっか、って現実もあるけど。

          • by Anonymous Coward

            だったら、太陽活動が黒点が消失するくらい休止期なのに、大気が及ぼす影響と比例しないのはどうして?
            二酸化炭素が犯人説も環境ビジネスからの大量の資金援助があるみたいだけど?

            • by Anonymous Coward

              太陽が休眠期に入ったからといって地球に及ぼす影響というのは極めて限定的とされていて、大した影響がないというのが現在の主流の意見。
              マウンダー極小期を持ちだす人もいるけどあのタイミングで大きめの火山活動もあったので、仮に影響があったとしても複合要素である可能性が高い
              それどころか、スペクトルの変化で太陽の熱を待機が吸収する量が増えて暖かくなる可能性を指摘している人もいる
              太陽活動による地球の気温の変化はわかってないことのほうが多いので、比例しないのはどうしてといわれても、正確に答えれる人はいないよ

              環境ビジネスからの資金援助は確かるあるけど、温暖化が嘘だったほうが利益になる企業のほうがはるかに資金を持っているので、彼らが組織的に動くのであれば、懐疑論がもっと拮抗してるよ。
              環境ビジネスの資金何ぞ、オイルマネーと比較すれば大したことないのわかるでしょ。

      • by Anonymous Coward

        テケトーに言ってみただけ?
        根拠なしだね。

      • by Anonymous Coward

        9割以上の学者は、信念のために研究してる研究者ではなく、
        飯食うために研究を生業としてる研究屋なんだから、パトロン次第で
        意見は変わる。
        「ほぼすべての学者が一致」なんて多数決したら、研究屋の意見、パトロンの意見が多数になる。
        これ、常識。

        • by Anonymous Coward

          研究は信念のためにやるんじゃなくて、事象をより深く解明したり正確に予測したりするためにやるんだぞ
          信念なんてあったら信念のために事実を歪めるじゃん

          • by Anonymous Coward

            真理の追求という信念は存在しないとおっしゃる?

        • by Anonymous Coward

          確かにそれは一理あるのだけど、だとすれば温暖化懐疑論の勢いがもっと強いし、懐疑の根拠ももっと科学的なものが出てきそうだと思う。
          今の懐疑論の根拠は、イレギュラーなデータを参照したりそもそもデータの見方が間違ってたりするものが多くて、論破されてるものが多いでしょ。
          肯定論にも変なデータを参照してる人はいるけど、それはそれで否定されてるし。

          温暖化は石油や石炭、電気なんかのエネルギー関連では確実にやり玉にあがるし、工業関係でもそう。温暖化が事実ではないほうがメリットが多い企業が圧倒的に多いのだから、反対論がもっと組織的に動くとは思うのだよね。
          実際、有鉛ガソリンに由来する鉛中毒中は石油関連企業からものすごいネガティブキャンペーンを受けてたし。
          健康被害が決定的になったからこそ、有毒性を認めざる得ない状況になったけど、気候変動って原因がそれほどわかりやすくないので否定しようと思えばいくらでも否定できるからね。

        • by Anonymous Coward

          大学や公的機関の研究者の場合、「飯を食うため」の金は研究の成果によらず貰えるんで、それでどうこうってのは無いです。
          有名になりたいためにあえて時流に反したことや極端なことを言う人もいるけどね。
          そういう人は「地球温暖化は嘘」ってことを言って石油会社から金を貰ってる側だけど。
          (実際、何人かの科学者が石油会社や電力会社から謝礼金もらって「地球温暖化は嘘」って言ってたことがバレたし、
          石油利権の強かったブッシュ政権の時は、NASAなどの研究機関で報告書に「地球温暖化」というワードがNGにされたこともあった)

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...