パスワードを忘れた? アカウント作成

フェリーさんふらわあと商船三井、日本初のLNG燃料フェリー2隻を建造」記事へのコメント

  • 海洋汚染防止条約(マルポール条約(MARPOL条約))の改正により、2020年1月1日 以降に使用する燃料油中の硫黄分濃度の規制値が従来の3.5質量%以下から 0.5質量%以下に厳しくなります。(pdf1 [mlit.go.jp])
    LNG(天然ガス燃料)等の代替燃料を使用する新造船の導入は難しい(pdf2 [jrtt.go.jp])が出来るとよい。既存のC重油船がA重油船へ転換するために交換が必要な機器(プランジャ、燃料噴射ポンプなど)への投資や燃料価格の問題(A重油  (硫黄分0.5以下) 59100円/KL 対して LSC重油(硫黄分0.5以下) 58375円/KL 値差 725円/KL)もある。しかし、A重油船が軽減できる機器と作業 (燃料加熱装置、燃料清浄装置、ビルジ処理量、燃料油切替え作業、清掃作業など)
    • by Anonymous Coward

      LNG燃料船はA重油船に比べて船価増、重量増、ペイロード減、航続距離減、専用バンカリング設備必要、新技術必要、とデメリットも大きい。
      CO2減、SOx減という利点もあるが、だったら陸上の重油ボイラーから都市ガスに置き換えたほうがメリットを享受できてデメリットも少なくていいと思うんだが。
      重油燃料船という、ある意味美しく完成された技術を取り払う意味がよくわからない。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...