パスワードを忘れた? アカウント作成

フェリーさんふらわあと商船三井、日本初のLNG燃料フェリー2隻を建造」記事へのコメント

  • 海洋汚染防止条約(マルポール条約(MARPOL条約))の改正により、2020年1月1日 以降に使用する燃料油中の硫黄分濃度の規制値が従来の3.5質量%以下から 0.5質量%以下に厳しくなります。(pdf1 [mlit.go.jp])
    LNG(天然ガス燃料)等の代替燃料を使用する新造船の導入は難しい(pdf2 [jrtt.go.jp])が出来るとよい。既存のC重油船がA重油船へ転換するために交換が必要な機器(プランジャ、燃料噴射ポンプなど)への投資や燃料価格の問題(A重油  (硫黄分0.5以下) 59100円/KL 対して LSC重油(硫黄分0.5以下) 58375円/KL 値差 725円/KL)もある。しかし、A重油船が軽減できる機器と作業 (燃料加熱装置、燃料清浄装置、ビルジ処理量、燃料油切替え作業、清掃作業など)
    • by Anonymous Coward

      燃料中の硫黄濃度ってことは改質してから燃やすとか排ガスを改質するとかで環境負荷下げても駄目なん?
      よくわからん規制だなぁ……

      • 排ガスの脱硫はスクラバーといってあります(富士電機" [fujielectric.co.jp])。船舶用スクラバー排水の海生生物や水質への影響(国土交通省報道資料 [mlit.go.jp])は日本は少ないと言っていますが、欧州は排出制限を掛けています。
        エネオス(旧JXTG)の技報 [jxtg-group.co.jp]にもありますが、排水のない方法だとアルカリを積んで脱硫石膏も持ち帰ってだと合理性があるのか?(陸上の火力発電所では実施している)ということになります。特に小型船では装置のスペースも取りにくくなります。

        • by Anonymous Coward

          マイクロバブルにして海に溶かし込んでしまえば抵抗減と合わせて一石二鳥にみえるけど
          脱硫脱硝性能は不十分なのかな

        • by Anonymous Coward

          だからって将来的に実用になる可能性が無いわけでは無いと思うのだけど、
          硫黄分の多い燃料一律禁止だと技術開発の道も絶たれてしまうのではないかと。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...