パスワードを忘れた? アカウント作成

カメラとロボットアームで自動的に書類に押印を行うデバイスが開発される」記事へのコメント

  • by simon (1336) on 2019年12月11日 19時00分 (#3730169)

    ハンコを廃止してもっと効率的でスピーディーな解決法をITで何とかすべきところに「画像認識とロボットアームで自動ハンコ押しマシンを作りました」じゃねえだろ日立

    そもそもハンコってその書類や契約書の内容を確認して異議はありませんってことを保証するモンじゃねえか
    なのにそれをキカイにやらせてどーすんだよブレーキのない自動運転車か

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年12月11日 20時11分 (#3730210)

      未だにあの会社はハンコリレーやってますから。
      スタンプラリーよろしく、
      判子押す欄が矢印で繋がってる用紙見たときは笑いこらえるのに必死だったよ
      # 平成終わりかけの時の話
      # 絶対AC

    •  契約書に会社印とか代表印を押すのは、然るべき決裁の後に従業員が行うと思うのだけど。
       社長とか組織の代表者が押印する時って、特に重要でセレモニー色が強い書類だけじゃないかな。
       とはいえ、なんかずれまくってる機械化だよね。
       国の賞状とか合格証とかで公印を押すのにこれ使えば良さそう。
       市場が極めて限られるけど。

    • by Anonymous Coward on 2019年12月11日 21時38分 (#3730258)

      > ハンコを廃止してもっと効率的でスピーディーな解決法をITで何とかすべきところ
      ところが、ハンコ業界はそう考えてなくて [inshou.or.jp]、参院選を控えた自民党に強力な圧力をかけてハンコレスの法案を潰した [mag2.com]のが、今年の3月のこと。

      そういう御時世で、IT業界が飯を喰っていくために考えた苦肉の策が、この珍妙なマシン?

    • by Anonymous Coward

      肉筆サインしか認めない、商法国・文化圏では、もっと大変でしょうなあ。

    • by Anonymous Coward

      むしろ必要なのは逆転の発想でしょう。
      つまり偉い人の生体情報(顔or声)とハードウェアキー(判子)による2要素認証ですよ。
      判子が複製されるとセキュリティ上問題があるので機械彫は言語道断です。
      熟練の職人が丹精込めて手彫りしたこの世に2つとない一品以外は認められません。
      さらに決裁文書の表紙をOCRで読み取って文書管理DBから該当の電子データをピックアップ。
      押印のアクションを検出して2要素認証を経て自動的に電子署名が施されるとともに、
      ワークフロー管理システムに定義された次のアクションへ遷移するわけです。
      人間が機械に合わせる時代は終わりました。これからは機械が人間に合わせる時代です。
      ただし偉い人限定で。
      #これが勝利の鍵だ。

      • by Anonymous Coward

        大企業のハンコはとにかくたくさん押すので、チタンとかコバルトクロムモリブデンとかタングステンとか、
        丈夫で欠けない、連続使用に耐える材質が必須でしょう

        そういった金属の手彫りはかなり難しいのでは?

        • by Anonymous Coward

          だったら社長室に3Dプリンタを置いて代表印を定期的に出力させればいいだろ?

        • by Anonymous Coward

          途中で欠けるのは論外だけど、消耗するというのは定期的な購入を見込めるということなのだから
          押印数カウント機能を追加して押印数の保証と制限をすればいい。
          ついでに印影データベースやシリアルナンバー付加も。

          • by Anonymous Coward

            大韓民国の国璽は既に五代目(初代製作は韓国が連合軍軍政下から独立した1948年の翌年)。
            なおその初代国璽は現在行方不明(朝鮮戦争を無事に潜っているにもかかわらず)。

            • by Anonymous Coward

              かの国らしく 香ばしい [wikipedia.org]なあ。

              初代 1949年から使用。行方不明(握りが龍だという説があるが、残された写真の握りは犬)
              二代目 1963年から使用。比較的問題なく運用
              三代目 1999年から使用。ひびが入ったのでレーザー溶接で修理しながら運用
              四代目 2008年から使用。製造時、職人が材料を横流しした疑惑、自分の名前を勝手に彫り込んだ疑惑が出て廃棄
              五代目 2011年から使用。現行品。

              四代目の時に伝統製法で製造するはずだったのが、担当職人が後に

              • by Anonymous Coward

                三代かさねれば伝統で良かったんでなかったかな。
                だから我が国の伝統って奴も、往々にして明治以降の発祥だったりする。

              • by Anonymous Coward

                清からの冊封体制から離脱した大韓帝国にも国璽はあったが、自国で製造したか輸入したかは不明。
                朝鮮戦争中に米軍に持ち出され、オバマ政権期に返却された模様。
                https://japanese.joins.com/JArticle/184648 [joins.com]
                https://www.afpbb.com/articles/-/3134154 [afpbb.com]

    • by Anonymous Coward

      ロボットや画像認識が絡んでるからばかげて見えるけど、一方ロシアは鉛筆を的なものなら良い業務ハックだろう。
      ハンコを廃止するコストや実際にハンコを押すコストよりロボット導入コストの方が安いなら、ロボットも鉛筆も質的には同じことだ。

    • by Anonymous Coward

      ハンコを廃止してもっと効率的でスピーディーな解決法をITで何とかするのが日立ソリューションズの「活文」シリーズですね。
      https://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/denshikeiyaku/ [hitachi-solutions.co.jp]

      ただ、金融業界や自治体はどうしても紙契約書や紙伝票が必要とされているので、そうした業界向けにRPAによる解決策を提供するのは間違っていないと思います。

    • by Anonymous Coward

      もう日本はダメだという空気をびしばしと感じる開発ですね。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...