パスワードを忘れた? アカウント作成

千葉県の森林研究所、花粉を飛ばさない遺伝子を持つヒノキの品種を発見」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年02月14日 18時12分 (#3762354)

    杉も檜も、植えてから数十年待たないといけないので、
    植えたときに需要があっても、ちょうど育った時に需要が無くなったり、
    逆に需要があっても数十年前に植えないと木材が手に入らない

    農薬と化学肥料ぶち込んだら数年で育つような品種があれば、
    需要に応じて供給できるのでは?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      いまどきの食料の栽培品種は、化学肥料・農薬使うことが前提で非常に高収量になってるのが多い
      ルイセンコもびっくりの単位面積当たりの収量を誇るようになってる

      木も短期間で太く長く育つような品種改良があってもいい

      • by Anonymous Coward

        暖かいところの木は基本的に早く育つけど柔らかいので、早く育って固い木は難しいでしょうね。

        • by Anonymous Coward

          そんな木材、集成してやる!

          • by Anonymous Coward

            「軟弱者!」って?

          • by Anonymous Coward

            集成材は元がやわらかいと強度的にあまりあがらないので
            無垢のままの方が需要がある

          • by Anonymous Coward

            これが…若木か…。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...