パスワードを忘れた? アカウント作成

新型コロナウイルス、致死率の高低は何に由来するのか」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年03月23日 16時40分 (#3783766)

    いくつか考える要素がある。
    統計としては、

    • 感染後しばらくして死亡するので、死者数は感染者数に対して遅れる→致死率は数日前の感染者数か数日後の回復者数との比で取らないといけない。
    • 感染者数、死者数ともに各国全てを把握していない。死者数に比べ感染者数は特に信用できない。
    • 感染者数に無症状感染者が含まれる場合がある。ダイヤモンドプリンセスを基準とする場合などは注意が必要。
    • 年齢層にも影響を受ける。もともと高齢者が多い、高齢者に感染が広がった場合には致死率が高くなる。

    医療体制としては、

    • 医療体制を上回れば、治療がない自然な致死率になってしまう。
    • 長引くほど医療従事者が疲労し致死率が上がる。
    • トリアージの方針によっても致死率は変わる。生存率が高い若者を後回しにするか、平均余命の短い老人を後回しにするかは各国の判断。

    ぱっと思いつくところではこのへんか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      横から追加しときます
      ・検査対象者の特性の違い(年齢の違いだけではない)
      ・致死率の定義の違い(今回あるのかな?)
       *今回のケース、日本では 致死率=死亡者数/PCR陽性者数 ですが、分母は各国で同じ条件、criteriaであろうか

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...