パスワードを忘れた? アカウント作成

イタリアで聖職者のコロナウイルス死が増加」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    かつての聖職者は医学、科学などを修めていて、それら知見に基づいて動いていたのではないでしょうか
    それが今ではアガペー第一で、勇気ある行動と認められてしまっているような……
    徳を積むことを目的としてはいけなくて、自分を含めてより多くの人を救うにはどうしたらいいか、盲目的な愛ではなく理性でもって見直さないといけないと思います

    • by Anonymous Coward on 2020年03月25日 19時50分 (#3785473)
      大工の息子は医学だの科学だのは修めちゃーいなかったが、
      感染症や皮膚病の患者にベタベタ触って奇跡を起こして神になったんや。
      その信者なら信仰心があれば病気に負けることはない。
      • by Anonymous Coward

        いや大工の息子はまずあの時代の医学の最先端修めてたんだぞ。
        知見や技術が未発達なんで近代医学のような治療は出来なかったが、
        当時としては常識的なハーブや油を使った対処を行える技術はあった。

        • by Anonymous Coward
          大工の息子が医学を学んだという記録はありません。
          ないのですが、大工の息子の伝記を書いた人は多くが医学やその他の学問を修めてたんですね。例えばルカは医者でした。
          そりゃそうだ。字が書けるだけでもそれなりの知識人だったわけだしな。
          そして、大工の息子の伝記は後代に成立したものほど奇跡に関する記述が多いということがわかっています。
          つまり彼が病人を治したという部分は、伝記作者が自分の知識をベースに想像で書いたところなわけですね。

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...