パスワードを忘れた? アカウント作成

Wi-Fi 6Eが日本で利用できるようになるのは早くて2021年以降、現実的には2022年あたり」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年03月26日 10時38分 (#3785789)

    まず、元々、「ESV(船上地球局:Earth Station on board Vessels)用」として陸地から離れた海域を航行する船が高速データ通信を行うために人工衛星と通信を行う際に使用する帯域として3700~4200MHz帯、4500~4800MHz帯、5925~6425MHz帯、6725~7025MHz帯が使用されてきた。

    2015年開催のWorld Radiocommunication Conference 2015(WRC-15)で次回のWRC-19で決議する議題としてこれらの帯域を衛星通信以外の用途にも使える様にできるか調査/研究/実験を行っていきましょう、と提唱され
    2019/10/28~11/22開催のWRC-19でこれらの帯域を衛星通信以外の用途にも使えるようにする国際的な調整が行われた。

    参考資料
    総務省「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)に係る意見募集の結果 [soumu.go.jp]」「国際電気通信連合(ITU)2019年世界無線通信会議(WRC-19)の結果 [soumu.go.jp]」
    NTT「ITU世界無線通信会議(WRC-19)報告 [ntt.co.jp]」

    いろいろある議題のうちWiFi的に重要な議題が「議題1.16」と「議題9.1.3」の2点

    「議題1.16」は5GHz帯アクセスポイントを外で使う際の規制解除について
    「議題9.1.3」がWi-Fi 6Eで使う周波数帯域について

    どちらも通ったようなので、これからいろいろ話が進んでいくという段階。

    ただ、すでにアメリカとEUとでどう使っていくかが違ってきているし、
    中国やインドなど他の国々はどうしていくかがよくわからないので、はたしてどうなっていくことやら

    アメリカ:免許不要利用に5925~7125MHzを提供予定。WiFi用は5925~6425MHzをメインで他にも利用予定
    EU:5925~6425MHz。6425~7125は別用途

    ここに返信

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...