パスワードを忘れた? アカウント作成

東大や理研の研究者らが可搬性のストロンチウム光格子時計を開発、これによってスカイツリー展望台では時間が速く進んでいることを確認」記事へのコメント

  • スカイツリーの450メートルと
    >従来の原子時計(10の-16乗精度のもの)では数日間測定を継続してやっと10メートルの高低差による時間の遅れを観測できる程度だった
    の論理的な関連がおかしいように感じたが、数日間・10メートルというのは
    http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_202004071401382830455235.html [u-tokyo.ac.jp]
    >18桁精度の原子時計では、わずか数センチメートルの「日常的なスケール」の高さの違いで時間の遅れが観測できます。
    と対比する文脈のようだ。
    これなら確かに意味が通るね。

    • by Anonymous Coward

      するとISS上では…

      • by Anonymous Coward on 2020年04月07日 22時25分 (#3793274)

        ISSの高度では特殊相対論効果により時計の進みは遅くなりますが、GPS衛星(静止衛星)の高度では一般相対論効果のほうがまさって時計の進みはかえって早くなります。
        http://axion.world.coocan.jp/contents/relativity/004.html [coocan.jp]

        • うわ。ちゃんと計算して解説してくれてる人がいるのか。めっちゃ参考になる。
          誰かプラスモデしてして。

          # 玉数ないのに敢えてIDで

          • by Anonymous Coward

            そもGPSはそのシステムの中に相対論による時間のズレの補正が組み込まれてたはずだからGPSの解説でも言及される話のはず。
            でも重力と速度の二項目があるならGPSの解説では一方しか解説は読めないかもな……
            やっぱ参考になるわ。

        • by Anonymous Coward

          GPSは静止衛星じゃなかった。まあ静止衛星(約36000km)はGPS(約20000km)よりさらに高いところを飛ぶのでどっちでも結論は同じ

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...