パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

[COVID-19]蛍光イムノクロマトによる抗原検査でPCR検査の代替はできないか?」記事へのコメント

  • この記事は現在閲覧できなくなっている。

    こちら編集局です】新型コロナ 保険適用で検査にどう向き合う?
    2020/3/9 18:56 (JST)3/9 19:02 (JST)
    https://this.kiji.is/608400804939039841 [this.kiji.is]

     広島大大学院の坂口剛正教授(ウイルス学)は「感染者すべてが陽性になるわけではない」と説明する。日本環境感染学会などによると新型コロナウイルスのウイルス量はインフルエンザの100分の1〜千分の1。特に発症初期は体内のウイルス量は少なく、陰性になっても不思議ではない。
     逆に「偽りの陽性」が多くなることもある。広島大病院感染症科の大毛宏喜教授は「感染者の割合の少ない地域ほど偽りの陽性が多く出る」と話す。かぜ症状で検査を受けた人のうち、陽性の人の半分以上が「偽り」のことも想定される。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...