パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

パルスオキシメーター発明者の青柳卓雄氏、死去」記事へのコメント

  • パルスオキシメーターは赤い光の出る装置を指先に装着し、
    動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定する装置です。
    100%表示を最大として、一般に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を
    全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)と評価できることから
    肺の機能が健全かどうかを自己診断できるのではということで売れています。
    • by Anonymous Coward

      正常・異常がわかるだけで(ただし一酸化炭素中毒は例外)、別に普通の肺炎でも下がるのだがね
      ただ、普通の風邪ごときではSpO2が下がるほどではない
      後それから呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2が低いだけなら問題ない

      喘息とかでも下がるのではないかな。病気のあるなしはわかるがコロナかどうかは全然わからん。
      それよりもこんな偉大な発明が日本人によるものだったということのほうが驚き。
      ノーベル賞級とも言えるほどの発明だというのに、それが発明者が死ぬまで知られていなかったのは残念なことだ。

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...