パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

パルスオキシメーター発明者の青柳卓雄氏、死去」記事へのコメント

  • パルスオキシメーターは赤い光の出る装置を指先に装着し、
    動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定する装置です。
    100%表示を最大として、一般に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を
    全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)と評価できることから
    肺の機能が健全かどうかを自己診断できるのではということで売れています。
    • by Anonymous Coward

      正常・異常がわかるだけで(ただし一酸化炭素中毒は例外)、別に普通の肺炎でも下がるのだがね
      ただ、普通の風邪ごときではSpO2が下がるほどではない
      後それから呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2が低いだけなら問題ない

      喘息とかでも下がるのではないかな。病気のあるなしはわかるがコロナかどうかは全然わからん。
      それよりもこんな偉大な発明が日本人によるものだったということのほうが驚き。
      ノーベル賞級とも言えるほどの発明だというのに、それが発明者が死ぬまで知られていなかったのは残念なことだ。

      • 良く分かっていないのに、想像でコメントをつけるのは止めましょう。

        正常・異常がわかるだけで(ただし一酸化炭素中毒は例外)、別に普通の肺炎でも下がるのだがね

        SpO2がどこまで下がったら異常で、どこまでは正常だと思っているのですか?
        その答えは病態や患者さんの状況などによって異なります。
        一概に正常・異常がわかるものではありません。
        「普通の肺炎」ってどのような類型の肺炎を想定しておられるのですか?
        肺炎でも正常値を示すことは当然あります。

        ただ、普通の風邪ごときではSpO2が下がるほどではない

        「普通の風邪」って具体的にどういう病名・病態を想定しておられるのですか?
        若くて元気なウイルス性上気道炎なら通常SpO2は低下していないでしょう。

        後それから呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2が低いだけなら問題ない

        誤りです。もちろん、問題ない状況もあるかもしれません。
        呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2だけ大きく低下していたら、普通はその原因を考えます。
        問題ないと一概に言い切れるわけではありません。

        喘息とかでも下がるのではないかな。

        程度によります。

        病気のあるなしはわかるがコロナかどうかは全然わからん。

        SpO2は病気のあるなしを判定するものではありません。
        酸素化の指標に過ぎません。
        それが間接的に何らかの診断に役に立つことはあるかもしれませんね。

        それよりもこんな偉大な発明が日本人によるものだったということのほうが驚き。
        ノーベル賞級とも言えるほどの発明だというのに、それが発明者が死ぬまで知られていなかったのは残念なことだ。

        SpO2は何十年も前から臨床応用されています。
        今日の医療ではSpO2は日常的に酸素化の指標として使われています。
        医療に関わる人でSpO2を知らない人なんて居ません。
        今回の新型コロナウイルスの騒動で、一般に知られるようになったというだけです。

        医療者で無い人がこういった知識を持っていないのは当然だと思います。
        だからといって、想像でコメントをつけていいことにはなりません。
        こういうコメントからデマが広がっていく可能性もあり、有害です。
        自制してください。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          なにかコメントしないと死んじゃう病の人にはクソ寒いダジャレでも投稿してもらったほうが少なくとも有害でないだけマシなことに気づいた

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...