パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米海軍、「主砲1発あたりのコストが1億円」の駆逐艦「ズムウォルト」の引渡しを受理」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    LRLAPの価格を大きく押し上げてしまった大元の原因は、ズムウォルト級の建造計画が当初予定の32隻から [trafficnews.jp]
    わずか3隻へ縮小されてしまったことにあります。当然主兵装たる155mm AGSから発射されるLRLAPの生産計画も
    大幅な見直しを余儀なくされ、調達予定数は計画の1割を割り込む1800~2200発にまで削減されてしまいました
    (ズムウォルト級は1隻あたり600発搭載可能)。そして量産効果による価格低減の見込みがなくなってしまった結果、
    LRLAPのコストは1発あたり500万円以下の見込みから1億円へと実に20倍も膨れ上がってしまったのです。

    当初のLALAP購入予定数が今の10倍の22,000発で、単価が500万円だったとして、トータルコストが1千100億円
    で、結局購入数が1/10の2,200発になったら、単価が1億円になった。トータル2千200億円

    • by Anonymous Coward on 2020年04月29日 17時35分 (#3806466)

      意外と知られてないんですけど、砲弾って長期間保存すると「腐る」んですよ。
      色んなものが。
      だから必要に応じて生産するしかない。当然ラインは小さいし、維持費用誰が払うって話ですわ。

      いや、今現在どっかと派手に戦争していてバンバン砲弾を消費してくれるなら別ですけど、今のアメリカ海軍の状況は違うでしょ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        保存も維持もする必要ないよ。3隻分しか必要ないんだから。
        単に10倍の数買うと、払う金が半分に節約できるからそうするというだけで、
        使わない分は野ざらしで放置しておくなり、機密部分だけつぶして屑鉄屋に売るなりw

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...