パスワードを忘れた? アカウント作成

[COVID-19]検査(PCR)と隔離を大量に行えば、行動制限しなくても急速に収束できるのか? 小田垣先生の提言」記事へのコメント

  • さらに、PCR検査を4倍に増やすと、接触削減なしでも8日間で新規感染者の数が10分の1になる。
    この結論が直感的におかしいことは、ニューヨークの例などを考えなくても分かる。
    では、小田垣氏の理論のどこがおかしいのか。

    理系でも素人の私にはよく分からないが、教授のSIQRモデルは、通常のSIRモデルから考えて誤りがないようにみえる。
    しかし、検査数を2倍にすれば隔離者数(隔離率)も2倍になるという、この当てはめ部分が私には引っかかる。

    現時点において、検査は症状がはっきりしてる者に限定して行われているため、陽性率は高くなるが効率よく隔離ができている。
    ここでもし検査を2倍に増やせば、症状がはっきりしない者も検査することになって陽性率は下がり、隔離される人は2倍よりも相当少なくなるはずだ。
    つまり、常識的に考えても、検査すればするほど感染者の発見は難しくなり、隔離も難しくなるのではないか。
    アホみたいな結論だが、小田垣氏の論文を読んでそう思った人は少なくないような気もする。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...