パスワードを忘れた? アカウント作成

シンガポールでは4足歩行ロボットが公園をパトロール、ソーシャルディスタンスを呼びかける」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ググると本体が25kg、付属品入れても2-3人いれば持ち運べそうなのですが、盗まれないんでしょうか。
    シンガポールなら大丈夫?

    • by Anonymous Coward on 2020年05月13日 1時02分 (#3813689)

      ボストンダイナミクスはソフトバンク傘下になってから今すぐ市販化って意味不明な方針を下ろされて困ってるから
      とりあえずジッショーシケンで歩かせて写真撮れれば何でもいいんじゃない

      • by Anonymous Coward

        営利企業なら当然の方針だと思いますが…
        霞を食っては生きていけないし、金を生めないようなら暖簾を下ろすしかないですよ。
        会社がなくなって従業員が路頭に迷うのと、どちらが困る話だと思いますか?

        • by Anonymous Coward

          「営利企業なら当然」?
          開発中の技術を安易に製品化して市販しろって?
          目先の数字しか考えないバカ営業の主張だよそれ
          金の卵を産むガチョウを絞めて肉を売れって言ってるんだから
          この先継続的に大きな利益を得ることは無視
          「会社がなくなって従業員が路頭に迷う」などと究極的に最悪なパターンを対偶に持ってくるのも典型的詭弁

          • by Anonymous Coward

            ソフバンの判断はすべて間違い。絶対的悪。
            むしろ、ソフバンが悪を規定する、ですよね。わかります。

          • by Anonymous Coward

            金の卵を産むガチョウだったら、Googleが手放すわけがないだろw
            親会社の経営が好調なのに会社が売りに出されるというのが、どういう状況なのか理解したほうが良い。
            自己資金で運営できなくなったから、Googleに身売りしたのだし、そのGoogleからも見放された。
            それでも金の卵だって?

            • by Anonymous Coward

              短絡的な思考しかできないと目先の利益しか見えず「手放されたからには儲からないにちがいない」という硬直思考になるわけだな

          • by Anonymous Coward

            ソフトバンクに買われていなかったら、SCHAFTのように解散させられていた [srad.jp]だけだぜ?

            > 金の卵を産むガチョウを絞めて肉を売れ

            どころじゃないよなw

            SCHAFTがGoogleに買われた時も技術流出だとかネトウヨ陣が騒いでいたが、
            実情はBoston DynamicsもSCHAFTもアンディー・ルービンの趣味のコレクションであって、
            彼がGoogleから蹴りだされた後は、やはり一向に将来の商業化の可能性を見いだせないまま、
            売ろうにも(ソフトバンク以外は)誰も欲しがらなかった

          • by Anonymous Coward

            我々が発見した時、やせ細ってこと切れた彼の傍らには
            鳥の餌で溢れんばかりの餌箱と、丸々と太ったガチョウが一羽、
            後は卵大の金塊が幾つか転がっていた。
            その卵の形状にあまりに酷似した金塊を見て、
            「もし、これが本物の卵だったら我々の救援は間に合ったのではないか?」と思わずにはいられなかった。

      • by Anonymous Coward

        「~方針をおろされて」と読んで、普段みない言い回しだけど方針を撤回=市販化しない方向なのかー、と思ったら
        「すぐ市販化するつもりが無かったのに市販化しろとせっつかれて」と読むべきなのか。

        方針は立てるもの、くだされるのは命令、というのを基本にしといた方が読みやすいな。
        (もちろん意図が伝わりさえすれば変形はアリなんだけど)

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...