パスワードを忘れた? アカウント作成

日本の自動車メーカー雑感」記事へのコメント

  • の両立は他の方のコメントのように困難ですが
    アルファのようなアプローチはどうでしょう

    ・まずベースグレードの設計時点で剛性・足回り・性能余裕を組み込む
    →結果として最安グレードでも良い走りの車となる

    ・GTAのようなホットグレードを設ける
    →もともと組み込んでおいた設計余裕を利用し「俺たち」の車を実現
    だいたい「俺たち」は「GT」とか「R」とかのグレード名に弱いので入れ食いが期待できる

    ・更に社外メーカーと共謀しメーカーでは出せない超ホットモデルを展開
    →まあおわかりのように「さそり」のことですが 日本ではメーカー本体が出すのはリスクが高いので分離した方が無難でしょう

    イタ車は何にも考えてないようで相当作戦を考えているような気がします

    • by Anonymous Coward

      たぶんね、日本車の走りの質感は30年くらい前と比べて飛躍的に高まっている。
      かつてヨーロッパ車(もっというとドイツ車かな)と比べて劣っていると感じたメーカーは、追いつけ追いこせとニュルなんかに持ち込んでしきりにテストを重ねていた。ま、これは今もやってるか。その成果か、日本車のシャーシやサスペンションは徐々に高まっていった。

      極端に言うと、昔は走ってると車体がたわむようなものだったし、サスペンションもショックを受け止めたあとしばらくグラグラして収まらなかった。それが今ではカッチリとしたシャーシに受け止めた衝撃を十分に減衰させるサスペンションを持っていると感じる。それがコンパクトカーであっても。

      もう普通の車が高性能になってる現状では、スポーツカー、スポーツグレードに求められるものっていうと、オバケのようなものになっちゃって公道上での意味はそうない。だから最近はちょっとエアロ付けたりローダウンさせたりといったナンチャッテグレードか、GT-Rのようなオバケしかないんじゃないかな。

      ま、異論も出そうだけど。

      • 例えばおっしゃられたサスの挙動に近いFreedと比べて
        自分の乗っているFitは全く違います 基本部分がクソなんですよね
        ディーラーで聞いたら防音防振対策やボディ剛性が根本的に違うらしい

        コンパクトカー同士というならPoloとか全然モノが違う

        最近の体たらくを見ているとホンダだけかもしれませんが

        「普通の車が高性能になっている」というのはわかりますが
        「ベースグレードや安い車(コンパクトカー等)を真面目に作ってる」ことには疑義があります

        昔所有していたm13(K11マーチ)には少なくともこんな不満はなかった

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...