パスワードを忘れた? アカウント作成

写真コンテストでの多重露光使用に対し批判」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    規定では
    -----
    デジタル応募規定
            写真の画像の合成、または加工は不可とします。
            プリントサイズは四つ切り(インクジェットプリントの場合は1点ずつ透明袋に入れてください。)
            メールおよびメディアなどの応募は一切受付いたしません。
            画像サイズ(画素数)は1,000万画素以上のものとします。
            入選者には画像データを提出していただきます。
    -----

    撮影者の言い分は”カメラの多重露光機能を使った”

    • by Anonymous Coward on 2020年06月05日 19時47分 (#3828331)

      ここでオリンパスの説明を聞いてみる。

      https://digital-faq.olympus.co.jp/faq/public/app/servlet/qadoc?QID=001446 [olympus.co.jp]
      >撮影をしながら合成する方法と、撮影した画像を再生モードで合成する方法の 2 種類があります

      まぁ、多重露出は合成だよ、ってことですね。
      撮影時に2枚撮ってすぐ合成されるモードと、選択したRAWファイルに合成する方法がある。
      後者の場合、定番の背景を用意しとくと捗るね。

      カメラメーカーが多重露出は合成だって言ってるんだから、レギュレーション違反の可能性極めて高いってことです。

      でもまぁ、合成を定義しとかなかった主催側の落ち度もあるんだろうけどさ。
      しかし全部規定するのもアホらしいよね。写真家の常識で考えろという。
      常識(コモンセンス)の範囲では、例えばRAW現像することは合成や加工ではないし、調子の補正なども加工とは言いがたい(ケースによるが…。)

      RAWファイル同時提出を義務とかすれば多少マシだったかもね。コンテストでは最近多いそうだ。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...