パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

美白製品に対し「白い肌を推奨している」との批判、これを受けジョンソン&ジョンソンは製品の一部を販売中止に」記事へのコメント

  • 白肌志向は白人への憧れか?―「色の白きは七難隠す」日本人女性の美白意識をたどる [yahoo.co.jp]

    もちろん、白い肌を求める美意識は、「美白」ブームとともに始まったわけではない。古くは平安時代から白い肌への憧れは存在していた。白い肌の持ち主は、戸外で労働に従事しなくてもいいことを意味する。それは限られた身分の高い人々、つまりは貴族階級への憧れをかき立てたが、実際のところ一般女性が屋内に籠もっているのは難しく、言わばないものねだりであった。

    一般

    • by Anonymous Coward

      この論説,文字数の制約があるとはおもうけど,雑すぎないか?

      「平安時代や江戸時代にも美白ブームがありました」をもって,近代以降の日本における「美人の見本(モデル)」としての西欧化(端的には白人女性的なスタイル)は無視できるいう展開の流れは雑すぎる.それなら,非西欧的な顔立ちやお歯黒文化など日本古来の文化が公の場から消えた理由を説明できないでしょ.

      古来からの支配者層へのあこがれが,明治以降に想起させられる「支配者」である白人社会へのあこがれと結びつく形で,今日の化粧を含めた庶民文化が展開している流れを言及して欲しかった.

      歴史というのは順番があって,順番を無視したり,すっ飛ばすような議論は意味をなさない.

      • by Anonymous Coward on 2020年06月24日 19時52分 (#3839621)

        白人にあこがれてるのが当然だって言う答えを用意してからそれに合う歴史を考えろ!
        と言ってるようにしか思えないが

        ソバカス増やしたり顎切り分けたり胸毛ボーボーや腋臭が流行らない理由についてはどう思ってるんでしょう

        親コメント

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...