パスワードを忘れた? アカウント作成

中国の衛星利用測位システム「北斗」、最後の衛星打ち上げ成功。システムを完成させる」記事へのコメント

  • 世間でGPSと言ってるのスマホやカーナビの位置情報システムはGLONASSだの北斗だのアメリカのGPSだの、
    その他色々を組み合わせたもんだと思ってたけど、
    そうでもないん?

    • Re: (スコア:5, 参考になる)

      たいていのGPS受信チップはマルチに対応してます。

      ・アメリカのNAVSTAR GPS(我々がふつうにGPSと呼んでるのはコレ)
      ・ロシアのGLONASS
      ・中国の北斗(BEIDOU)
      ・EUのGalilleo
      ・GPSの補完衛星としてのみちびき

      ASUSとかファーウェイとかGalaxyとかXperiaはもうふつうにGPS+GLONASS+BEIDOU対応してますね。
      逆にかたくなに北斗に対応してないのがiPhone。やっぱ戦略的に嫌ってるのかしら

      • by Anonymous Coward on 2020年06月27日 2時45分 (#3841405)

        BEIDOUとGPSは衛星配置の厚いエリアがかなりかぶっている(どっちも全域型でちょっと北寄りに厚いのがGPS,赤道寄りなのがBEIDOU)ので、iphoneがやらないのは、あまり併用する効果が薄いからじゃない?
        同じ意味で死に体なのがGalilleo、北半球の高緯度(北海道とか)に強い独自性で不動の2nd GNSSの位置を固めているのがGLONASS。

        あと、みちびきはGPSとの連携前提なので周波数をきっちり合わせているけど、他は各システムごとに微妙に周波数が違うので電力とかの問題もあるかもね。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...