パスワードを忘れた? アカウント作成

NHK、3層構造のイメージセンサー開発発表」記事へのコメント

  •  三層構造だと、色によって微妙にピントがすれそうですね。
     イメージセンサーの一画素毎にプリズムで三色分解するようなセンサーってできないですね。受光するセンサーの内部が立体構造になっていて、三色それぞれのセンサーを縦に収納できればなあ。
     現在の半導体では無理かな。

    • 今回のに限らず、イメージセンサーは画素ごとに区切ったりレンズを配置してあるから、ピントの問題はないでしょう。普通のイメージセンサーでも、区切りがなかったら、赤フィルターを通した光が斜めに入って隣の緑用フォトダイオードに受光するみたいなことになっちゃう。

      あと、「青色のみ吸収して電気信号に変えて、緑・赤は透過する」のだから、まさにプリズムと同じような「三色分解」そのものでしょう。プリズムの代わりに薄膜を使ってるだけ。ちなみに、ソニーも同じような分光型の素子を発表してる。 [hardware.srad.jp]

      一方、Foveon は分光してない。最上層から「R+G+Bを受光し電気信号化、受光漏れしたR+G+BのうちBは吸収してR+Gを次の層へ」「届いたR+Gを受光、漏れたR+GのうちGは吸収してRを次の層へ」「届いたRを受光」の三層構造。だからFoveonは解像度の面では強いけど、感度の面では弱い。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...