パスワードを忘れた? アカウント作成

患者がジェルネイルしているとMRIやパルスオキシメータを使った検査が受けられない」記事へのコメント

  • 自分がやってないと想像しづらいけど、ジェルネイルは爪自体の保護によく使われるからね
    手を酷使する一次産業従事者の方や、爪が薄く割れやすい人が使ってるよ

    • by Anonymous Coward

      UV硬化型のではなくて透明な樹脂製の保護材を薄く塗ればよいのです。

      パルスオキシメーターはLEDで光を通しているので、薄く透明であれば問題ないですし、
      金属等が入っていなければMRIも問題ありません。

      • >UV硬化型のではなくて透明な樹脂製の保護材を薄く塗ればよいのです。

        UV硬化と(可視領域)で透明は、相反する性質ではありません。
        UV硬化型でも透明なのはあります(吸収が必要なのはUV領域)。
        パルスオキシメーターは赤色と近赤外あたりの光を用いてます。
        原理上はこの辺の波長に吸収がなければ良いはずなので、
        その条件を満たせば、何でもよい。
        もちろん薄く塗っても原理上は良いわけですが、
        実際に観測波長でどの程度光吸収による減衰
        すなわち測定誤差を招くかわからない。

        ここからは想像
        なので、有無を言わせず、広義のマニキュアをとる(もしくはとらないと数値の保証ができない)仕様なのでしょう
        >ジェルネイル、マニキュアのようには簡単には落とせないことから
        だから、ポイントは簡単に落とせない点にあると思いますよ。
        あんまりいないとは思いますが、白髪染めなど体組織と結合して染色するタイプは
        代謝で細胞が入れ替わらないと色が落とせないので、同様の問題が出ると予想されます。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...