パスワードを忘れた? アカウント作成

AIは進化するごとに必要な計算量が増え、処理能力の限界で進化は頭打ちになる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年08月03日 18時52分 (#3863713)

    コンピュータ側の計算量、処理速度の改善はまだまだ続く見込みなので、進化は頭打ちにならないと思う。
    ただ、ここ数年の急激な進化の"速度"が続くかと言われたらそれは無理でしょうね。

    この数年の急激な進化は、大量のコスト投入したからという面が強いです。この辺の図が参考になります。
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2007/29/news025_3.html [itmedia.co.jp]

    2010年前半までは、2年で2倍の計算量増加(スパコンの性能改善と同じペース)だったのが、ここ数年は3.4カ月で2倍という信じられないような計算リソース投入してます。
    これはハードがそれだけ進化したと言うわけではなく、単にかけるお金が増えたと言うだけです。
    先端の研究は、そろそろ世界のトップ企業しか開発費負担できないレベルになって来たので、もうこれ以上同じペースで計算量増やすのは無理。
    となると、進化の速度は昔の2年で2倍の時期と同じペースに戻るんじゃないかな。

    #リンク先のGPT-3は別途ストーリになるといいな

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      そりゃ、かつてのWebやもっと昔の革命的技術がそうだったように、Deep Learningみたいな技術的新大陸を発見したら一気に人と金が可能な限りがなだれ込んで急速に発展するのは当然だわな。
      新たな広い土地を見つけたから容易に入植して発展できるようなもん。
      で、新たなBreak Throughがなければそのうち飽和するのも、これまた当然。
      その後、かつてと同じ速度に戻るならまだいいけど、飽和した後の次の進化の一歩に必要なコストが莫大に増大するような法則に支配されてたりしたら、実質頭打ち。

      • by Anonymous Coward

        急激に投入リソースが増えて一気に進化するというのは、投入リソースが一定であれば何年もかかっていたはずの進歩を先取りしたと見ることもできるので、「次の進化の一歩に必要なコストが莫大に増大する」のは自然なことだと思います。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...