パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

旧米軍施設「小柴貯油施設跡地」で男性が重機ごと転落」記事へのコメント

  • 読売 [yomiuri.co.jp]

    残土をタンク跡の脇で仮置きする作業を始め、午後3時頃、別の作業員が重機がなくなっていることに気づいた。市によると、タンク跡は、鉄製の桁の上にコンクリート製の蓋が載せられ、土がかぶさっていた。事故後、蓋の一部がなくなり、大きな穴が開いており
    (中略)
    戦後は米軍が航空機燃料を備蓄していた。2005年に市に返還され、市が公園整備を進めている。跡地内には同様の地下タンクが11基あり、別の工事で出た残土を集めて埋める工事を進めていた。残土の置き場所は市が指定しており、うち2基は埋め立てが終わって

    これで事件の経緯が分かった。重機の転落事故。作業手順や指示に問題があったとなるかもしれない。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...