パスワードを忘れた? アカウント作成

ウェブサイトに広告掲載を予定している気象庁、民間放送に広告ブロックの使用を提案」記事へのコメント

  • 広告ありのページなら広告ごと堂々と映せばいい。
    ニュース番組で街の様子を映すとき堂々と看板広告を映しているじゃん。
    野球中継もサッカー中継も球場の看板をありのまま映しているじゃん。
    そしてそれら看板も、テレビで映ることを考慮して高い値段が付いているんだから
    そうやってそのまま映すことが結果国益に繋がるんだよ。良いことじゃん。

    もしスポンサーの競合とかがあるなら、それはもうそっちの純然たる都合なのだから
    そこだけボカシかければいいよね。

    • 街中の「看板広告」は、それが写り込むことが前提となってタレント等と契約しているの。

      Web広告はそうではないので、広告の著作権等の侵害になる。

      広告だから見てもらいたいんじゃないの? と思うかもしれないが、そんな単純な話ではない。

      実状を考察するために、違法アップロードのテレビ番組を例に出すと、広告をカットせずにアップロードすると何倍も消されやすくなる。
      本編の著作権ではなく、広告主やら、広告に映っているタレントの事務所やら、あちこちの権利を侵害することになって、複数の組織から削除依頼が出されるからだ。

      広告のタレントだって、Webではなく地上波放送のみの露出での料金しか受け取っていないんだから許すはずもない(特にジャニーズ)。そのCMをWebでも公開するとなると、当然料金は上がるわけだからね。

      • 業界の慣習は詳しくないのですが、著作権の法律的に言うと、
        この広告のような「写真や動画を撮る際の小さな写り込み」については
        8年ぐらい前に法改正され「軽微な構成部分」かつ「分離が難しいもの」については
        原則OK(著作権の違反とならない)になりましたよ。

        ですので、今でもそんなWeb広告に限り映像に写り込まれるのは別料金、みたいな
        慣習がもしまだ残っていたとしたら、それは単に広告制作会社とタレントとの間の
        契約の話であって、少なくとも撮る方がそれを考慮する必要はありません。

        ちなみに写り込みの話は以下が参考になります。
        https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/utsurikomi.html [bunka.go.jp]

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...