パスワードを忘れた? アカウント作成

JAXA、時速500kmという世界最速のヘリ開発を目指す」記事へのコメント

  • ドクターヘリは、稼働性を高めるために整備性やコスト低下、医療行為のために安定性や内部機材のスペースなんかが大事だと思うけど、この機体正反対で、現場のニーズを満たせるのかな?
    単なる技術的チャレンジで、予算獲得のための口実かもしれないけど。

    偵察用途なら、理解できる

    • 動力部は増えているけど、それらが整備性の良い電動モーターであることとテールローターとの機械接続部が無くなっていることを合わせて考えると整備性は悪くはないと思うよ。
      安定性は悪くなる要素ってあるんだっけ?機体を水平に保ち続けることから、むしろ良くなるように見えるが。
      内部機材のスペースも、減る要素ってある?この機体で追加されたパーツは、いずれもキャビンの外に見えるけど。

      懸念があるとすれば、最大積載量かなあ。この機体、電動モーターや(多分だけど)大型化した発電機の分だけ重くなっている。前進時は固定翼も揚力を生じるから問題ないだろうけど、垂直上昇時は固定翼が役に立たないからテールローター式よりも最大積載量が減りそう。

      • by Anonymous Coward

        > 整備性の良い電動モーターであることとテールローターとの機械接続部が無くなっていること
         
        それなら普通のテイルローター電動化すればよくね?と思ったけど、半年前にストーリー出てた。

        https://srad.jp/story/20/03/17/127222/ [srad.jp]

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...