パスワードを忘れた? アカウント作成

イーサネット通信エラーにより緊急着陸モードになるスイス製ビジネスジェット」記事へのコメント

  • When that Ethernet network degrades or fails, things can become unpredictable. So it apparently was when that exact thing happened aboard an unidentified PC-24 flight, according to EASA: "This triggered opening of electronic circuit breakers, which resulted in the degradation of environmental control system functionalities, the deployment of all passenger oxygen masks and the autopilot entering in emergency descent mode."

    二重冗長のEthernetスイッチ両系統が停止したことで、ブレーカーが異常を検知して遮断、環境制御システムが停止、機内の与圧が維持されているか不明になり、機内酸素マスクが展開して緊急降下(Emergency descent, 人が呼吸できる高度10000ft/約3000mまで急降下する)が掛かった、という感じですね。加えてEthernetが死んでいるため様々な警告が表示され、フラップ、燃料計、アンチアイス機能等々も状態不明となるなど"大幅に機能が低下"し、記事では"パイロットの

    • Re: (スコア:4, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      機内の通信にEthernetが適切かどうかは分からないけど、通信が失われた後の動作は別におかしくないよね。
      なので、以下のタイトルは不適切な気がします。
      >イーサネット通信エラーにより緊急着陸モードになるスイス製ビジネスジェット
      事実ではあるけど、これでは緊急着陸モードにしたことが問題だと誤解されかねない。

      飛行機は分からないけど、主に配線の重量増が問題で車でもEthernet増えつつあります。
      走行に必要な部分は別ですが。
      今回の飛行機でも、Ethernetスイッチが停止しても飛行自体は可能だったので、機能の分離はされてるんじゃないでしょうか。

      • ですね。細かいことを言えば着陸ではなくて降下なのでダブル不適切ですね。

        車の場合は元々のCANからもっとややこしいバスやSingle-pair Ethernet等への変更が始まっていて、航空機の場合は他の方も言われてるように元がRS-485とかさらに先代の軍用のマルチマスタなデジタルバスで、時代の変化で既設配線のままコンバータを噛ませたりしてモダンな規格に変更するっぽい話は見かけるのですが、Ethernetなんだなーと。

        • by Anonymous Coward on 2020年09月27日 16時37分 (#3895966)

          RS-485というか、EIA-485は工場なんかでもたくさん使われてますね。
          数百m超えるとこれぐらいしか信頼性のある通信手段が無かったので。
          置き換え案件もたくさんあるのですが、元がSingle配線でインピーダンス管理もされてない物なので、既設配線を利用すると変更先が限られて結局コストダウンにならないという。

          航空機の場合は配線の集約と軽量化が主目的なので、まとめて何でも通せる規格と言うことでEthernetが選ばれてるのだと思います。

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...