パスワードを忘れた? アカウント作成

ジェームズ・ゴスリン曰く、未だ人類はポインタの不具合に囚われているのか」記事へのコメント

  • 家電製品のコントローラ向け言語として開発が始まったのであれば、
    メモリ管理の容易さや動作の安定化(危険な操作の排除)が主眼だったはずで、セキュリティとして焦点をあてていただろうか疑問。
    SUN発の言語なので否定はしづらいけど、セキュリティ問題としてポインタの存在をとらえていたって言われると吹かし過ぎじゃないかと思えてもにょる。
    単にバグの温床とみなしていただけなんじゃないだろうか。

    当時の家電において、バグがセキュリティ問題として特別視される状況があり得るかなぁ
    十把一絡げにバグっていわれて終わると思うんだけど
    • by Anonymous Coward

      HotJavaが出てきた頃、サンドボックスとかバッファオーバーフローの脆弱性が無いとか謳われてたので、ある程度初期の頃からセキュリティを意識してたと思いますよ。
      Javaが入ってる指輪を持ってたけどあれもセキュアな点が特徴だったような。
      ※どうセキュアだったのかは覚えてないですが、、、

      Javaが入った家電って流行らなかったなぁと思ったけど、よく考えるとAndroidTVとかはJavaのアプリが動いてますね。

      • by yo4 (48859) on 2020年10月16日 12時33分 (#3907546) 日記
        OakのチームがターゲットをWebに変更して名称をJavaとしたのが1994年(Wikipediaソース)なので、
        初期のセットトップボックス・PDAターゲットの頃はセキュリティでなく堅牢性がターゲットだったと想像した次第。

        Webをターゲットとした時点で堅牢性はセキュリティにも有利に働き、言語の利点として謳うようになった
        →セキュリティを最初から考慮していたと思い込む、の流れに思える。

        言語としては結果は同じなのでそこは問題じゃないんで、Gosling氏がドヤァしてる記事が気に障るんだろう。たぶん。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...