パスワードを忘れた? アカウント作成

イギリス政府がガソリン車とディーゼル車の新規販売禁止を前倒しへ。2030年までに禁止」記事へのコメント

  • 今のままで電力が間に合わないけど、都市内に太陽光発電設置でまかなえるのかな?
    主張を考えたら山林に発電所増やしまくるわけにもいかないし、火力も論外でしょうし。
    原発増やすのかな?

    まあどうせそこまで任期続かないから実現出来なくてかまわないのかもしれませんが。

    --

    ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
    • by Anonymous Coward

      この手の話題になると、ソーラパネルで発電して云々って話が出てくるけど、ムリじゃないですかね。
      発電量って1平方メートルで1日あたり4kWhくらいですから、10平方メートルで40kWh。
      リーフe+のバッテリー容量が62kWh。
      ソーラパネルが超効率化されて、設置場所もビルの壁面みたいな所に設置できるようにでもなれば別でしょうけど、現状は無理そうな感じ。
      イギリスだと原発が多いから、そっちの電力を使えば良いだけか。

      • by donadona (37711) on 2020年11月20日 12時26分 (#3927684)

         リーフe+のWLTCモード航続距離は458kmもあるからなあ。国土交通省の資料によると [mlit.go.jp]自家用車だと平均年間走行距離は10575km、事業用乗用車でも63113km。それぞれ一日あたり29km, 173kmだ。リーフe+のkWh/kmの数値から単純計算すると、それぞれ3.9kWh, 23.4kWh。なので、一日あたり40kWhも発電できるなら問題ないと思う。
         ただ、問題はパネル価格と、イギリスは北海道並みに北にあるため発電量が更に減りそうな点だよねえ。イギリスのほぼ最南端にあるロンドンですら、年間の日射量は1000kWh/m2程度。 [contemporaryenergy.co.uk]一日あたりだと2.7kWh/m2だ。発電効率を15%とすると、たった0.4kWh/m2。先程のデータは水平な地面に対するものなので、パネルを斜めにすれば1.5倍ぐらいにはなるかもしれないけどそれでも0.6kWh/m2にすぎない。
         この条件で、自家用車を太陽光発電パネルだけで充電するには6.5m2のパネルが必要。イギリスのパネル価格25m2あたり5500£らしい [cat.org.uk]ので、1£=137円とすると6.5m2のパネル価格は195万円。
         EVの価格を400万とすると、これの充電に必要なパネル購入を義務付けた場合合計600万円と1.5倍に跳ね上がってしまう。ちょっときついね。

        #日本での走行データは使えないんじゃないか、とか10年後のパネル価格を考えろ、とかいうのはあるけど。それは他の人にパスw

人生unstable -- あるハッカー

処理中...