パスワードを忘れた? アカウント作成

日本国内の案内板などの謎英語を改善したい「日本の英語を考える会」が発足」記事へのコメント

  • とある所に「インターチェンジ」という名称のバス停があるのだけど、そのバス停の名称のローマ字表記として「Intachenji」と書かれてる。意味あるのか?

    さらにひどいのが某バス内の案内ディスプレイ。「NTT前」というバス停の案内の英語版として「Enu-tei-tei-mae」と出てくる。わかる人いるのか?
    • by Anonymous Coward

      これにはちゃんと真っ当な理由があります。日本語を理解しない外国人がバスを利用する場合、車内アナウンスでの発音になるべく近い形でバス停の名前を把握していないと運転手の声を聞き取ったり他の乗客に行き先を確認したりできません。ネイティブの滑舌でInterchangeといきなり言われて「インターチェンジ」と言おうとしてるんだとわかる日本人は少数派でしょう。
      本当は Enu-tei-tei-mae (NTT Front Entrance) みたいに音訳に加えて英語の意訳も併記するのが一番だけど、表示スペースの問題もあるから現実的じゃないのでしょう。

      # 言語どころか文字も落書きにしか見えない国で公共交通機関に乗ると、ローマ字で読みだけでも教えてくれることの大切さが実感できます。手軽なところだとソウル、「馬鹿にすんな、ハングルくらい読めらあ」って人はバンコクやモスクワに行くとわかりやすいかも。

      • by Anonymous Coward

        どっちかと言うと日本語固有名詞をヘボン式等のローマ字表記にしてるのがイマイチだと思う

        「Chiba」と書いてもローマ字読み以外では「ちば」なんて読まないよ!!!「しーば」ぐらいにしかならないよ!!みたいな
        日本語の固有名詞の発音にあったスペリングを考えるのがいいと思うんですよ

        でも「千葉」の発音になるようなスペリングは思いつかない

        • 言いたいことは解る。
          しかし、そーゆーのは、ルールが明確で、ある程度連想が利くものであれば、それで我慢するしかないよ。
          たとえば逆に、人名だけど、Johann Wolfgang von Goetheは、日本語では普通「ゲーテ」だけど、原語の発音とはかなり違う。
          なので、「ギョエテ」「ゲョエテ」「ギョーツ」「グーテ」「ゲエテ」なんて表記も考案された。
          英語でも「Goethe」で通用しているけど、これも言語の発音とは違う。

          これが我慢ならん、と言う事であれば例えば、IPA [wikipedia.org]で綴るか、みたいな話になって、それはそれで一般の人には通じない。

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...