パスワードを忘れた? アカウント作成

コロナ対策についての議論を諦めた人」記事へのコメント

  • 岩田健太郎氏が成人式の参加自粛を呼びかける、若者へのメッセージに対しては
    「大体の人にとってはただの風邪」という表現を使っていました。
    https://georgebest1969.typepad.jp/blog/2021/01/%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%B ... [typepad.jp]
    奇しくも、中川 淳一郎氏の現状認識とまあ大体一緒なわけです。
    現状認識が一緒であれば、
    • 岩田氏曰く

      「若者にとっては新型コロナウイルスは「ただの風邪」。症状はないか、あってもたいしたものではないからです。

      確かに言ってますね。若者も重症化することあるんですが(確率が低いまでは事実)。重症化したら後遺症もついてくる。後遺症はなにも嗅覚味覚だけじゃない(これも食欲などに関わり、人生を台無しにする。そしていつ終わるか分からない)。脳組織も損傷を受ける可能性がある。若者が新型コロナを甘くみていいわけない。

      • そこが重要なわけです。
        ヤバすぎ派急先鋒だった氏であっても、こういう言説になっているわけです。
        • by 90 (35300) on 2021年01月13日 15時37分 (#3957806) 日記

          新型コロナウイルスは、この100年間に人類が経験した中でも最強、最悪のウイルスです。ぼくは感染症のプロなのでありとあらゆる世界中の感染症と取っ組み合ってきましたが、こんなたちの悪いウイルスは経験したことがありません。人々を油断させ、「ただの風邪」だと思わせ、世界中に、そして日本中にウイルスを撒き散らし、確実に多くの人たちを殺していきます。油断した人間を使ってウイルスを拡散させるのです。

          無症候者や軽症者が拡散させるのが問題で、それをこそ止めなければパンデミックが終わらないというスタンスは変わっていないのではないかと。軽症者が感染させて重症者が生まれて死者が出るとき、その3者は別のヒトの個体だったりするわけですが、岩田氏のように統計を扱っている人にとっては同じ"1名"という数字なんでしょう。鞍替えしたということではないと思いますね。「確実に多くの人たちを殺していきます。」って言ってるし。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...