パスワードを忘れた? アカウント作成

新型コロナ用ワクチンの性能や仕様を比較する動画。BBC制作」記事へのコメント

  • アストラゼネカ製に関してはこれら二つとは異なる手法をとっている。
    チンパンジーが感染する通常の風邪ウイルスを人間には感染しないように改変し、
    それに新型コロナウイルスの遺伝コードを少しだけ足しているという。
    体内に入ると新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が作られ、免疫系が反応するという仕組みだとしている。

    感染しなかったら、スパイクタンパク作れないよね。普通はチンパンジーにしか感染しないものを人にも感染する
    ようにしたんではなくて?

    で、アストラゼネカ版も2回打つという話だけど、ウイルスをベクターにした遺伝子操作薬品は、
    1回打つとそのベクターウイルスに対する対抗力がついてしまうので、同じ薬を繰り返し使用できないと聞いたが
    そこはどうやって解決しているのだろう。

    ロシアのワクチン、スプートニクVは、これを回避するために1回目と2回目でベクターウイルスの種類を変えている
    と何かの記事で読んだが、同様なことをやってるのかな?

    • by Anonymous Coward on 2021年01月13日 16時22分 (#3957858)

      感染しなかったら、スパイクタンパク作れないよね。普通はチンパンジーにしか感染しないものを人にも感染する
      ようにしたんではなくて?

      単に人の細胞の中にウイルスの遺伝子が入り込むだけではなく、そこで元のウイルスを増殖できて初めて「感染」というのですよ。
      (入り込まれた細胞が分裂すればスパイクタンパク質を作る細胞数は増えるけど、それはウイルスの増殖とは言わない)

      で、アストラゼネカ版も2回打つという話だけど、ウイルスをベクターにした遺伝子操作薬品は、
      1回打つとそのベクターウイルスに対する対抗力がついてしまうので、同じ薬を繰り返し使用できないと聞いたが
      そこはどうやって解決しているのだろう。

      そこは分かりませんが、1回目と2回目で同じ量を接種するより、1回目が半量で2回目が全量の方が効果が高かったらしいですね。
      (1回目が半量になってしまったのは意図的ではなく、測定ミスだった模様)

      AZ社のCOVID-19ワクチン臨床試験の中間解析:日経メディカル [nikkeibp.co.jp]

      標準用量を2回接種した群よりも初回低用量群の方が有効性が高い結果に

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...