パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本政府、約束手形を2026年までに廃止する方針。 下請けの資金繰り圧迫の一因」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    いずれ人生ゲームでも約束手形が廃止となるのだろうか?

    • by Anonymous Coward

      > また紙が用いられていることから、印刷や郵送、保管のコストなども指摘されていた。

      それって本国(人生ゲーム(じんせいゲーム、The Game of Life)は、1960年にアメリカMilton Bradley社(現・ハズブロ)から発売された、ボードゲーム Wikipedia日本語版「人生ゲーム」より引用)の「小切手」と何が違うねん?

      • 約束手形は約束期日迄は支払いを伸ばし、期日までには現金化出来ません。多くの場合は期日は翌々月末。しかも、手形を振り出した人はさらに約束期日をスキップするかもしれません。じゃあお金に困った人は手形の割引で現金化するのですけどね。 小切手は、利子の付かない当座を持っている人の特権で、銀行が認めた何円単位まで指定できる通貨です。個人で通貨が発行できるなんて一寸カッコいいでしょう。
        • by Anonymous Coward

          要するに電算処理で毎日勘定を清算して電子取引で取引先に毎日さっさと払えとそういうことか

          • 為替手形は印紙代の節約になるメリットがあるのですが、手形ジャンプ(支払い期日を飛ばすスキップすること)が、建築業などで現場監督の下で材工共で請負契約で何パーセント分完成してお金を貰っている下請け業者に二重に泣かせ(イジメ)ではなかろうかと思うのです。

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...