パスワードを忘れた? アカウント作成

国立感染研が英・南ア・ブラジルとは異なる変異種の国内感染を確認。関東全域で91件」記事へのコメント

  • 緊急事態宣言下でも変異株がじわじわ広がり、
    4月には感染力の強い変異株が優勢になるのでは?

    変異株を抑えるにはより強い行動制限が必要となり経済がさらに落ち込むのでは?

    • by Anonymous Coward

      むしろ変異株以外いないよ。

      コロナの遺伝子の変異速度は2週間に1塩基対ぐらい。
      AさんがBさんに感染させてBさんがCさんへ、それくらい感染続いたらもうAさんとCさんは違うコロナ(変異株)になってる。

      狭義の「変異株」はその性質の変化(感染性が強い変異を持つ株、毒性が強い株)というのだけど、今回の報道にあるような「変異株」は単に遺伝子配列の変異が認められたというだけ。これは報道されていないだけで無数に見つかってる。

      じゃ、なんで今回は報道されたかっていうと、今まで国内で確認されていなかった変異箇所が13か所もあったから。
      13か所あるということは単純に考えて2x13=26週間=半年かけての変異が蓄積された変異株。それだけ長い間、国内の検査(陽性/陰性の検査ではなく、変異株を見つけるための検査)でひっかかっていなかった=海外由来の変異株が国内で増えた証かもしれないから。

      #遺伝子配列の変異を見つけるのは簡単だけど、性質の変化まで見つけるのは難しい

      • by Anonymous Coward on 2021年02月22日 23時21分 (#3982734)

        あ、そうなの?
        スパイクタンパクの変異とか何とか、特性の変化があったわけじゃないんだ・・・

        >コロナの遺伝子の変異速度は2週間に1塩基対ぐらい。
        >AさんがBさんに感染させてBさんがCさんへ、それくらい感染続いたらもうAさんとCさんは違うコロナ(変異株)になってる。

        ということは、ヒトからヒトへの感染があったとしたら(「感染発生」を前提としたら)、
        1週間に1対くらいの伝染が平均的に見積もられてたってことか
        だめだな、どうにも分かりやすい統計で整理できてないや

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...