パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NHKがデジタル放送のコピー防止にカードキー採用へ」記事へのコメント

  • この信号に従う設計になっているテレビにだけ、放送局側はメーカーにB-CASカードを配り、メーカーはテレビに添付する。信号に対応しないテレビには、カードが配られないため、デジタル放送がみられない。

    カードの仕組みはよくわからないが、多分暗号を解読するためのコードをICに入れとくと

    • by Anonymous Coward on 2003年09月17日 8時55分 (#399049)
      でもさ、対応しないテレビにはカードが配られないといっても、対応するテレビを1つもってればいいだけじゃないですか。カードがあればいいんでしょ?
      カードと本体の組み合わせで初めて限定受信が解除されますので、カードだけあってもB-CASに対応するテレビが無いと意味がありません。対応するテレビが複数台あってもカードが1枚ならば同時に1台分しか(限定受信対象の)番組を見られません。
      詳しくは「B-CAS 限定受信」でぐぐるといろいろ資料が出てきます。
      親コメント
      • どうも勘違いしていたみたいです。べつになんら現在と変わるシステムが導入されるというわけではないのですね。ただNHKが採用するというだけの話で。
        TVなんて持ってないのでよく知りませんでした。ごめんなさい。

        とりあえず今疑問なのは、すべてのB-CASシステムって「1回だけ録画可」のような信号に従うようにできているのでしょうか?ということです。

        もしそういう信号に対応しない、あるいは対応に抜けがあるデバイスが1つでも市場に出回っているとすると、という仮定の話ではありますが、主な目的は「番組の不正コピーが大量に売られる事態に対する著作権保護策」とのことですが、(今までどおり?)Winnyなどで大量にでまわることは防げないのではないか、ということが言いたかったのです。
        親コメント
        • ないことになってます。

          "海賊"機材の場合はそもそもB-CASカードが添付されませんし、機材の中に埋め込まれる暗号鍵も発行してもらえず、結果として限定受信システムを突破できません。

          対応に不備があった端末に関しては、ファームウェア更新の放送というのがありますので、それを受信させて強制バージョンアップみたいなことが可能です。実際、いろいろ不備はでてるので、すでに更新フ
          • 興味深い情報ありがとうございます。
            これを読んで日本の(?)デジタル放送に対する悪い先入観がなくなりました。

            もちろん、内部犯から必要な暗号鍵等が流出したりしてそれが使いやすい形式でコンテンツ泥棒常習犯の手にに渡ったら、というふうにどこまでも可能性を指摘することはできますが、いまだそれがない(んですよね?)ということは、コンテンツ保護のために技術的締め付けが有効であることの証拠としてある程度興味深いと思います。

            でも、だとするとPCでの受信は無理そうですね。できるとしても一度アナログを通すなどフルコントロールできない形式でしょうか?

            実際、生のデータをPCで扱うことを許したDVD-Videoはデコードソフトウェアの不備からDeCSSなどのソフトが出回ってしまいました。

            DVDの轍を踏まないようにがんばってほしいという思いもありますが、コンテンツ保護のために利便性を切り捨てるのが最適解なのかというわだかまりのようなものはぬぐえません。
            親コメント
          • ># BS 929chにあわせるとその放送が行われてる旨の表示がでる機種もあります。
            >
            BS『苦肉』chか。なんとなく納得できるな。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...