パスワードを忘れた? アカウント作成

牡蠣の天ぷら」記事へのコメント

  • 大正10年に早稲田高等学院の学生・中西敬二郎が考案したものが今でいうソースカツ丼でカツ丼の元祖。
    飯の上にキャベツと豚カツが乗ってて、今でいう駒ヶ根ソースかつ丼が恐らく一番近いと言われている。
    しかし普通に食べるとヨーロッパ軒のカツ丼の方がうまい。
    そのまま食うにはカツが邪魔で、避けて食べるには飯の上のキャベツが邪魔。
    駒ヶ根のもヨーロッパ軒式にキャベツ撤去してカツはソースにつけこむべき。

    卵とじのは今でいうソースカツ丼が生まれた後に出たもので。
    諸説あるが蕎麦屋のカレー丼のように蕎麦屋のまかない

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...