パスワードを忘れた? アカウント作成

エチオピア航空のパイロット、目的地と間違えて開港前の新空港に着陸」記事へのコメント

  • マップ制約補正なしのGPSカーナビだって15kmも間違うことはないだろう
    参考参照用としてGNSSマップの搭載するとかしとけばこんな基本的なインシデントは避けられたはず。
    なんなのだろう、かの業界にそうはサセンというような勢力でも庵野かね。

    • by Anonymous Coward on 2021年04月07日 17時56分 (#4008524)

      Googleマップ(航空写真)を見て推理してみた

      1.目的の空港は新空港の東側15km(東北東?)、時速600km/hで1分30秒
      2.両空港とも滑走路は東西
      3.目的の空港は主に西から進入して着陸(タイヤ痕を見るに)
      4.新空港はかなりデカい(4,5倍)
      5.新空港はまだ出来ていない(ちなみに、Googleマップにも滑走路はまだ無い)
      6.ノータムも出ていなかった(パイロットは存在を知らなかった?)
      7.新空港以外の最寄りの空港は80km以上離れている
      8.目的の空港から東に20kmも進まないうちにお隣の国

      恐らく着陸コースは新空港をかすめるようなコース

      着陸コースにでてきた立派な滑走路を信じるか、計器を信じるか…という事かと
      付近80km以内に他の空港は無いはずだし、東に20kmも進めば隣国ですし

      もちろん、貨物便という事で空港パイロット共に慎重さを欠いた可能性は高いですが

      • by Anonymous Coward

        目的空港と新空港が概ねまっすぐ並んでいるなら、
        空港を目視確認した段階では計器と矛盾した位置と判断できるか怪しい気がする。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...