パスワードを忘れた? アカウント作成

会社の部署ごとに代表電話あり、それを誰かが取って回す作業は国際的には珍しい」記事へのコメント

  • 連絡主担→連絡手段
    回線番号→内線番号

    typoは誰にでもあるので重箱の隅をつつこうとは思わないけれど、こんな短い文章で
    二つは頂けない。「回線番号」という社内用語があるのかも知れないけれど、おそらく
    一般的ではないと思うです(個人の感想です)。

    --
    死して屍 拾う者なし
    • …と思ったら、リンク先で「回線番号」なる語が用いられていました。

      --
      死して屍 拾う者なし
      • by Anonymous Coward on 2021年05月01日 9時50分 (#4023761)

        外線ボタンとか索線ボタンの番号とほぼ等価だと思うよ。

        電話って普段は1番号で同時に1通話ってイメージでしょうけど、ISDNやひかり電話だと同時に2通話。
        オフィス向けのひかり電話だと同時8通話、エースなら同時に300通話可能。
        それに1回線で電話番号も複数持てます。

        結果、外線の電話番号とセッションを識別可能な状態で外線ボタンを設定すると
        1:電話番号A(代表)の1通話目
        2:電話番号A(代表)の2通話目
        3:電話番号B(営業)の1通話目
        4:電話番号B(営業)の2通話目
        5:電話番号C(FAX)の1通話目
        みたいな感じになって、この1~5が回線番号って呼ばれるのだと思う。
        この場合、○○さん、2番に××様からお電話です。みたいに引き継ぐ。

        同時通話数が多いと索線ボタンとパーク保留を使うようになって、
        1:電話番号A(代表)
        2:電話番号B(営業)
        3:パーク保留➀
        4:パーク保留➁
        5:電話番号C(FAX)の1通話目
        みたいな感じになる。
        ○○さん、3番に××様からお電話です。みたいに引き継ぐ。

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...