パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

x86版Linuxカーネル、無条件にRAMの先頭1MBを予約することに」記事へのコメント

  • LKMLアーカイブ見てみたらめちゃめちゃしぶってて笑ってしまった。
    Linusの心の原点みたいなところに衝突しちゃってるんだろうな

    • by Anonymous Coward on 2021年06月09日 17時29分 (#4047597)

      そりゃ原体験がVIC-20 [wikipedia.org](6502, 標準メモリ5kB)で、バイトを数えてプログラムを書いてた人に
      「1Mなんて大したサイズじゃないよ。windows7だってやってるじゃん。空けておこうよ」
      とか言えばそうなるに決まってる。

      生理的に受け付けないんだろう。気持ちは良くわかる。
      #ビル・ゲイツだって渋ったと思う。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        初めて触ったのがポケコンのPC-E550(ram込みで128kb)の俺はメモリ的にはめぐまれてたのか。。

        • ポケコンなら7372byteのユーザエリアな機種でしたねぇ
          クロックは768kHzで
          親コメント
          • by Anonymous Coward

            初めて買ったプログラミング可能な機器はカシオのFX-502Pでした。
            プログラムが256ステップで仮数部10桁の変数が22個です。
            多分512バイトくらいのメモリはあったはず。

            それでも結構色々なプログラムを書いて喜んでいたんだから、若かったなあ。

        • 初めて触ったのが FACOMの270でメモリ16kだった俺に結果売ってんのか?

          #byteでなくwordだったはず。物理的にはフェライトコアメモリ。

          親コメント
        • 私が初めて所有したポケコンはSharp PC-1211でした。
          BASICが走りましたが、確か1424Stepしか入力できませんでした。
          だから、1.4kbでしょうか・・。
          ただ、PRINT等のコマンドは1Stepとしてカウントしてくれるのが救いでした。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            PC-1211が発売された直後にアキバに走って買った。
            人工衛星(アマチュア衛星:LEO円軌道)の軌道計算プログラムがぎりぎり入って感激した覚えが。
            可視中の方位仰角を時刻ごとに表示するもの。
            幸い計算主体でデータ領域はあまり食わないので何とかなったのだと思う。

        • by Anonymous Coward

          それは恵まれてるよ。
          初めて触ったのはPC-8001のオジサンより

          • by Anonymous Coward

            標準では16KBでしたね。
            1万円ほどで16KB増設して32KBにしてました。
            ユーザーが使えたのは24KBぐらいだったか?
            記憶が怪しいです。

            • DISK-BASICを入れるとさらにRAMが減るので、本体のRAM上の常駐は最低限にして、DISKユニット側のZ80とRAMにOS本体を入れるという、変態OSが出回っていました。当時、高校生グループが開発して、新聞にも高校生ベンチャー会社が設立されるとして紹介されていましたが、その後どうなったのやら・・。

              あとは、BASICが0000H~4FFFHくらいにあったので、5000H~7FFFHまでにもRAMを入れようというのが、あったようななかったような・・・
              うろ覚え・・・。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                Basic ROMは24KBなので0000~5FFFH。6000H~7FFFHの8KBマスクROM用の空きソケットが実装済み。
                そこに挿すゲタを作り、2716や2732を挿せるようにするってのはよく見た。市販の基板もあったと思う。
                自分はEPROMにFDからのIPLや機械語モニタの拡張を書いて使っていた。
                SRAMは置けたかな?RDはあるけどWRは来ていなかったのでは?(記憶あいまい)

              • by Anonymous Coward

                そういうミニOSは、さほど珍しくなく、雑誌にプログラム掲載されてのでも3つ以上、メーカ製品に組み込まれているのとか、その他にも幾つかあった。
                あと、ROM-BASICサイズは24KBな。RAM増設に関しても、純正の拡張ユニットの仕様に倣って、増設するならそこにという感じ(というかそこしか空いてなかった)みんなガチャガチャいじってた。元々CP/M走らせられるようになってたからな…

            • by Anonymous Coward

              空きエリアにSRAMを増設して32Kbyte以上にしてた

          • by Anonymous Coward

            それは古いですね.
            私は初代のPC-8801です.64 kBフル実装で「究極の 8bit」と呼ばれてました.

            • by Anonymous Coward

              6809に無断で究極の8bitを名乗るとか(笑)
              まあ、その時点で「個人向け8bitパソコン」のくくりでは究極でしたかねぇ。
              もっと上位としてはIF800モデル30などが思い出される。

              • by Anonymous Coward

                初代88の頃ならまだパソコンなんて言葉はなくて「マイコン」と言ってましたよね。

        • by Anonymous Coward

          ちなわい PB-100。のちに PC-E200(現役)。

      • by Anonymous Coward

        > #ビル・ゲイツだって渋ったと思う。

        Altair8800用のBasicはメモリ4KBで動いたからね。コードサイズだけじゃなくてBasicのプログラムや変数の格納に使う領域も含めて。
        Palo Alto tiny Basicは2KBだったか。Apple][の初期のApplesoft Basicは8K以上使う「富豪的」な処理系だったね(懐)

      • by Anonymous Coward

        しかも6502だったらゼロページがあったので、『メモリの先頭』ってとこが余計に納得いかなそうではある。

      • by Anonymous Coward

        タネンバウムがじゃあなんでマイクロカーネルにしないのかとかまた言い出しそう。

      • by Anonymous Coward

        今の時代に固定サイズかつ先頭ってのは避けたいのでは?…攻撃試みるヤツにヒント差し出すようなもんだし。

        でも原因が原因だし仕方ないだろうな…

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...