パスワードを忘れた? アカウント作成

ベゾス氏やバフェット氏ら米富裕層、所得税支払い回避。米メディアが納税記録を入手」記事へのコメント

  • ってコワイおじちゃん言われたことあるけどあれは嘘だったん…?(´・ω・`)

    • 海外の金持ちは(税金で)奪われるのは嫌でも与えるのは大好きだから。
      米富豪の寄付額ランキング 首位バフェットは5年で1.6兆円 [forbesjapan.com]

      #日本人は与えるのも嫌w

      • 寄附をするのは宗教的儀式だと思います。それで、社会の相互扶助が成り立っている面もあると思います。

        だから、キリスト教があるから成り立っている社会の仕組みを、キリスト教のほとんど無い日本に持ち込んでもうまくいくとは思えないんですよね。

        • by Anonymous Coward

          じゃあ節税だけして寄付をほとんどしない日本はキリスト教の倫理観に劣るのでは?

          • by Anonymous Coward

            倫理観が異なることを「劣る」と言っちゃうとか植民地根性むき出しでワロス

          • by Anonymous Coward

            じゃあ節税だけして寄付をほとんどしない日本はキリスト教の倫理観に劣るのでは?

            ちょっと違う
            寄付は宗教的儀式に於いて
            暗黙の免罪符となります

            寄付による免罪符の効力は下記となります

            有力な司祭|枢機卿個人への寄付 > 教会への寄付 > 孤児院や慈善団体への寄付

            # まぁそういうこった

        • by Anonymous Coward

          それよく言われてるけど、納税も社会奉仕の一種なのに脱税(大きな節税)をしてるから納得できない

          • by Anonymous Coward

            納税は、奉仕(労力の提供)というより貢献(利益の提供)やで。
            そんでこの場合の寄付や、そしてあらゆる意味での納税も正確には貢献(対価なしの提供)やないんやで。

            納税は社会の構成員(not国家の所属員)が、その社会を維持するための活動資金を徴収される行為なの。
            決して、納める側が、利益度外視で提供しているものではなく、
            徴収する側が、その裁量をもって、必要と考えられる量を集めているの。主体が違うねん。

            その考えは前提間違ってるんや。

        • by Anonymous Coward

          寄附したお金を自分に還流できる仕組が有効に働いてるだけですよ

      • by Anonymous Coward

        自前で作った財団とかに「寄付」して、
        財団には子供やら親族やらが身内が職員としてかかわって給料をもらって運営するのはよくあるね

        実質的な節税・贈与になる感じの

        ちなみに非営利団体が運営してるwikipediaは、中核メンバーは結構な金額の給料をもらってる
        ボランティアが無料で編集した成果をつかって中核メンバーは高所得者となった

        • by Anonymous Coward
          年取って名誉が欲しくなる+他人にビタ一文やりたくない+節税の悪魔合体よ!
        • by Anonymous Coward

          このProPublicaって非営利メディアの幹部も結構な金額の給料とストックオプションをもらってるとWikipediaにあった

      • by Anonymous Coward

        寄付した分税金の控除を受けられるので、同じ額の金を払うなら、感謝もされないしどう使われるのかもよくわからない
        税金に払うより、少なくとも大衆受けは良くなる寄付の方に使った方がまだまし、と言う考えがある。

        もっとずる賢く立ち回るようになると、自分で慈善団体や自分の役に立つ組織を立ち上げて、そこへ寄付するとかで、 [cruel.org]
        寄付した金も回り回って自分の得として返ってくるようになっていたりとか。

        賢しい金持ち共のすること、上っ面だけ見ていてもダメ。

        • by Anonymous Coward

          歴史的に有名な芸術家は、そういうパトロン財団に支えられて成立してきたわけで。
          クラシック音楽の作曲家や、オーケストラ楽団は多くがそう。
          いまの政府の補助金だけでは、芸術界を支えられていない。

          • by Anonymous Coward

            それは時代の流れとともに人気を集める芸術の形態やジャンルが変わっていっただけで、
            いまでもとんでもなく稼ぐアーティストはたくさんいる。
            表現形式の多様さはとてつもなく広がっているのに、古いスタイルのままを続けるものが昔同様の人気を保てるわけもない。

            • by Anonymous Coward

              それらのジャンルが、まるで嘗て人気があって、昔はとんでもなく稼いでいたような言い方をされても。
              そもそも芸術とは、「分かる人にさえ分かってくれればいい」というものだし。

              最近の「薄く広く支える」という文化は、近代になって印刷技術やレコードが発明されたからで、
              歴史的な芸術の多くは「教養ある貴族のもの」だったわけ。

              • by Anonymous Coward

                > 歴史的な芸術の多くは「教養ある貴族のもの」だったわけ。

                そんなことはない。大金かけて作った大聖堂に入れるのは、金持ち貴族だけだったとでも?w
                大衆は音楽を好まなかったとでも?
                昔だって大衆用の劇場はあり、そこで音楽やオペラや劇は上演されていた。

              • by Anonymous Coward

                話題は欧州を暗黙の想定にしてると思ってるんだけど、日本の江戸時代で音楽だと
                農家は農作業の歌を歌い、盲者は三味線を弾き、武家の娘は和琴を奏でてたんやろか。

                だけだったとでも?はだけじゃないけど、各々がやってたどれが歴史に残ったかは結構違いそうなものだ

              • by Anonymous Coward

                浮世絵などはまさに大衆芸術で、後世に名を遺す芸術家が多数現れたじゃないか。

              • by Anonymous Coward

                当時の日本の版画技術は「近代になって印刷技術やレコードが発明されたから」側でよくない?近代じゃないけど。
                ※違うと言ってくれてもOK

              • by Anonymous Coward

                それは芸術というより、娯楽ではないかな。
                大聖堂に描かれた宗教画を見て、聖書のどのシーンなのか理解することはできるのかい?
                いまだって美術館の来訪者は、キュレーターの説明を聞かなければ理解できないだろう。

                芸術を大衆が「薄く広く支える」ならば、教養のない大衆に理解できるレベルまで、落とす必要がある訳で。
                例のテレビ番組ではないけれど、一級品のバイオリンと量産品とで、違いを理解できる人はどの程度いるのか。。

      • by Anonymous Coward

        日本でも寄付すると控除されるようにすれば同じ程度になるのでは?
        ふるさと納税も結構はやったし、どっかの大学の研究とかへの寄付で控除されれば助かる人も多いと思うけどな。
        いっそ技術立国を目指すなら、そういったテクノロジーに対する寄付だけ控除とか。
        ああでも育毛剤の被験者への謝礼とかいって抜け道いっぱ作られそうだし、やっぱダメか。

        • by Anonymous Coward

          一応大学に寄附すると、所得税と協定を結んでいる県と市町村は住民税も控除される。
          ただし、ふるさと納税は寄付額全てが控除されるけど、大学への寄附はその寄付額にかかる税が控除されるだけです。たぶん、その他の寄附も似た様なものだと思います。
          寄付額全額が控除される、ふるさと納税が特殊すぎるんだと思います。

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...