パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

羽田空港で美術品を競売へ。関税にメリット」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    再持ち出しを前提にすれば、関税はかからないと思うのだけれども。
    美術館どうしの貸し借りをよくやってるし、知らないわけもない。
    国内の客が買ったときに(恒久)輸入手続きが面倒だとか、そういうこと?

    ATA条約(物品の一時輸入のための通関手帳に関する条約)を参照。

    • by Anonymous Coward on 2021年10月01日 15時44分 (#4123209)

      落札者なしの品は通関せずに他の国へ移送したりできるのが一番のメリットなんだろうな。
      落札した場合もそのまま国外へ持ち出すなら通関なし、落札者が国内(保税エリアの外)へ持ち出す場合は通関手続きをすると。

      親コメント

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...