パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「メッシュ方式」の無線ネットワーク、実験開始」記事へのコメント

  • 企業に期待するもよし、自治体が動くもよし、ですが、
    市民レベルで考える、こういうイベントが京都であります。

    『コミュニティベースのIPネットワーク
    による智の産業集積と雇用の創出』
    http://www.sccj.com/kk/2001/
     2001年11月30日
     講演 13:30~17:40(交流会 18:00-19:30)

    講演1 『無線ブロードバンドの時代がやって来る』
         真野 浩  ルート(株)代表取締役
    講演2 『ブロードバンド時代に私たちは何をすべきか』
         池田 信夫  経済産業研究所 上級研究員
    講演3 『コミュニティのビジネス・モデル』  
         國領 二郎  慶應大学 経営管理研究科 教授
    講演4 『ソシオ・カンパニーの勧め』  
         北矢 行男  多摩大学経営情報学部 教授
                戦略問題研究所長
    講演5 『21世紀の智の価値創造』
         公文 俊平  CANフォーラム会長/GLOCOM 所長

    --
    果たして、「街中無線LAN」実現の可能性はどのくらいあるのか、
    会場で質問をしてみるのもいいかもしれませんね。

    --
    このNPOは『街中無線インターネット時代の可能性 京都の場合』(http://www.sccj.com/cgi/ecommunity/eco2001.cgi?MODE=VIEW&NO=1003979256)
    という講演会もやってたみたいです。

    # ちなみにこのイベントの去年のテーマは『オープンソース』でした ^^;

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...