パスワードを忘れた? アカウント作成

国後島と根室市をつなぐ海底ケーブルの陸揚げ施設で発掘調査」記事へのコメント

  • by ijumi (49396) on 2021年10月13日 14時28分 (#4131394) 日記

    コレ、昨今暗いニュースばかりの中、珍しく見入ってしまった記事です!!

    戦前でも海底ケーブルって有ったんですネ~。
    知らなかったのでマジビックリです!(@_@)

    国後側はどうなってるんだろ…
    今でも繋がっているのカナ…
    何か試みたりしてるのカナ…

    あぁ、何てステキなお話なんでしょ!!

    ここに返信
    • どうなってるんでしょうね。放置されているのなら、今でも線としては繋がっているのかも。
      このニュースを聞いて、ちょうど連休があったので根室まで見に行っちゃいましたよね。残念ながら、揚陸庫がドンとあるだけで、ケーブルは一般には公開されていませんでした。
      揚陸庫の隣でボーリングしていたけど、今回のケーブルの件とは関係なさそう。

      ちなみに樺太と接続していたものなら引き上げられて稚内と猿払で一般公開されてますよ。
      手前の写真で恐縮ですが。
      https://www.flickr.com/photos/fukapon/41477620705/ [flickr.com]
      https://www.flickr.com/photos/fukapon/48808457253/ [flickr.com]

      • 現地取材お疲れ様でした!!
        やっぱり、惹かれますよネェ(*^^*)

        で、早速お写真を拝見させて頂きました! スゴイすごいです!!
        樹脂で固めて~なんて聞いていたのですが、しっかりしとた多層構造で、
        これなら深海でもイケそう…と十分理解できました。

        ありがとうございました!!

    • by Anonymous Coward
      戦前でもって言うか電波でええやんってなる前の時代の方が有線ケーブルの需要は大きかったのでは
    • by Anonymous Coward

      明治時代には既に敷設されてるがな。
      最初は外国が敷設しててロシアの犬だったデンマークの会社が長崎ーウラジオストックに敷設したのが最初。
      そのあとイギリスの会社が上海と繋いだんだじゃなかったかな。
      そしてロシアに傍受されるから安全保障上問題だとして日露戦争前には日本独自に敷設した。

      • 自分でも調べてみたところ、その長崎発の2回線って、

          明治4年(1871年)

        だったのですネ!!

        「明治末期でしょ…」位に考えていたので、眩暈がする程でした(^^;)
        明治4年っていうと、まだバリバリの明治維新で、「刀はダメよ♪」なんて
        言ってた時代で、年表だと廃藩置県の年…(X_X)ァゥァゥ

    • by Anonymous Coward

      戦前でも海底ケーブルって有ったんですネ~。
      知らなかったのでマジビックリです!(@_@)

      通信技術は国際通信でも有線通信から始まり、その後無線通信が実用化されたという歴史があるわけなので。
      ちょっと雑な記述だけど(ごめん)WikipediaのC&W社の項 [wikipedia.org]などが参考になる。

      • はい! Wiki見てみました!!
        そう言えば、「ケーブル・アンド・ワイヤレス」って聞いたことあります!!(^^)v
        政治や社会情勢も絡んで、根深さを感じさせる経緯があるんですネ。

        私が何より驚いていたのは、深海だと余程しっかりとした防水や、海底もデコボコ
        してたりするのでしょうから、そんな昔、それらを(何とか?)クリアできる技術が
        あったコトで、オーパーツ並みの感覚だったのですよネ。

        今回、多くの方から教えて頂いて、チョットは賢くなったカモ、って感謝です♪

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...