パスワードを忘れた? アカウント作成

スポーツ施設の自販機でスポーツ系飲料よりホットミルクティーなどが売れた理由」記事へのコメント

  • 代金を入れてからボタンを押すまでの時間とかまで収集しててその結論は寂しい

    • by Anonymous Coward

      今日は紅茶の補充が多いかなあ?みたいなのを、手作業で70万台×数十種類やるわけ?

      • Re: (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward

        商品の補充はトラックで人が行って手で詰める。
        その時に代金回収して、何がどれだけ売れたかのデータも回収しているよ。
        IoTじゃないハンディターミナルなら結構昔からある。

        • >その時に代金回収して、何がどれだけ売れたかのデータも回収しているよ。
          >IoTじゃないハンディターミナルなら結構昔からある。

          今まで、そのデータを分析して活用していなかったのでしょうね。
          本当に商品補充にだけしか使っていなかったのなら逆に面白い。
          ハンディターミナルもネット経由で情報上げてたらIoTかも

          • by Anonymous Coward

            いや、ITmediaがつついたから出てきただけで昔から活用してたと思う。
            すくなくともデータを元に補充頻度を決めていたと思うよ。
            売り切れが多いとそもそも客がその自販機に行かなくなってしまうから。
            予実管理なんて小売りの基礎の基礎でしょ。

            • Re: (スコア:2, 参考になる)

              by Anonymous Coward

              親コメとあなたが必要とする情報は、ここに書いてある [yahoo.co.jp]。
              つまり、登場人物は1主体ではなく、2主体。
              今までは、自販機のデータを持つ人、飲料会社そのものが自販機の商品構成に関与していたのではなく、
              自販機を売っている、いわば地元の代理店が、経験と購買層と言った手持ちのデータだけで商品構成を決定していたこと、がミソ。

              その飲料会社が、代理店の窓口を説得して、商品構成を決める権限を得た、と言うのが、ITmediaの記事のポイントだ。
              どこにでも似たような話が転がっているけど、まあ、簡単には隣の芝を荒らせないのが、商売の世界。

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...