パスワードを忘れた? アカウント作成

「ゲーム障害」を病気として認定したWHO、認定の科学的根拠を答えられず」記事へのコメント

  • ゲームだろうが酒だろうがギャンブルだろうが依存してれば病気。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      依存症で十分なのに、その中であえてゲームだけ括り出すには
      決定的な根拠が必要というのは至極当然の主張だよね

      主観と経験談から言えば、ゲームやめられない人はゲーム依存というよりは現実逃避のパターンがほとんどな気がする
      ゲームを取り上げたところで別のものに逃避するか鬱になる事が多いんじゃないかね

      • by Anonymous Coward

        残念ながら半分正しいが半分間違ってる。現実逃避から依存症になるタイプはいるが全員ではないしおもってるほど多くもない。
        ゲームを取り上げたら他に行く懸念はない。現実逃避による依存の場合すでに他のものにも依存してる。現実逃避ではない場合ゲームを取り上げるとゲーム機を買いに行く。
        鬱になる心配もないな。依存症患者はだいたい軽度のうつ症状だからな。んで取り上げられて新しいゲーム機なりスマホなりを買ってしまい本当はやめたいはずなのにとなり軽度の鬱になりつつもゲームを始めちゃう。
        #依存症は脳の構造がそういうふうになっちゃった結果だからなー。ゲーム脳と言えなくもないが娯楽のたぐいは基本そうなる。なる人とならない人の差は元の脳の構造とか生活習慣とか。

    • by Anonymous Coward

      ゲームだけ切り出されたんだっけ?
      なんか世間では薬物依存症とか、それとは別にアルコール依存症とかいう言葉があって
      またそれとは別にギャンブル依存症とかいう言葉も見かけるけど
      WHOの中ではゲーム以外は全部まとまってんの?

      • by Anonymous Coward

        薬物使用の下位カテゴリーに、アルコールも大麻もコカインも覚せい剤もある。
        中毒性行動の下位カテゴリーにゲーム障害とギャンブル障害が分類される。

        これらをひっくるめて、「物質使用または習慣性行動による障害」。日本語で一言でいうと依存症。

        切り出しているんじゃなくて、新たに問題事象となっているものを付け加えていってるだけなんじゃないかな。

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...