パスワードを忘れた? アカウント作成

米地域別に蚊の発生予報を1週間分表示できる「OFF!Cast Mosquito Forecast」」記事へのコメント

  • >OFF!Cast accurately predicts mosquito behavior and mosquito populations in specific geographical locations

    リンク先から拾ってきた文章だけど、「mosquito populations」って言っているときは「蚊の発生数」なんだろうか?単位面積当たり10匹が発生する地域と、面積が10倍のZIPコードエリアで単位面積当たり1匹が発生する地域は「mosquito populations」は同じになる?

    面積当たりの数字(「蚊の発生密度」)でないと地域と地域での比較(「旅行先は蚊が多いのかなぁ?」という需要もあるんじゃないの)がやりにくいような、ってわけでそういう数値だよね、ってのが見つからんかった

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      蚊の発生は、水辺の有無が支配的なので、子供用プールとか、水溜りの出来やすさでコロコロ変わります。
      結果、蚊の発生数の調査は、アメダスのように測定地点を決めての定点観測になります。
      今回の場合、VectorBaseの5000点での実測データを基に、3300万地点分の蚊の数を予測しているとの記載があり、
      その3300万地点こそが、in specific geographical locations です。
      つまり、あくまで定点での蚊の数を予測しているので、面積に紐付く蚊の存在密度は計算されていないし、この予測に関係していません。
      降水量や天気予報に面積が関係していないことと全く同じ話です。

      • 庭がある家なら、故意に蚊が産卵しやすい水たまりを作って、水を毎週捨ててボウフラを殺してると、
        すこし蚊の密度が下がる気がする

        だれか実証実験やってほしい

        • by Anonymous Coward

          BG-GAT(※1)というドイツBiogents社の製品があり、まさに水場を用意して蚊を捕えるものだが、
          米国で、住居区画単位で8割以上が設置することで確実に効果があるので、地域単位で取り組むべし(※2)、
          というレポートが出ている(nature/Scientific Reportsに掲載。まあ、ベンダー自身が書いたレポートなんで…)。
          なお、日本では、Biogents社の製品としてBGセンチネルというのが知られているが(カタログ上はモニタリング用途)、
          これは誘引剤で蚊を釣るものとなっている。

          ※1 https://eu.biogents.com/bg-gat/#1510135224840-4f68d395-5d31 [biogents.com]
          ※2

      • by Anonymous Coward

        最後間違えた。
        ZIP単位に集約する際は、あくまで予測地点の決め方に依存します。
        予測地点や、そもそものVectorBaseの実測地点は、蚊の居る沼や水辺の近く、という隠れた前提もあると考えられます。

        だから、このOFF!の予測では、どこまで突き詰めても、
        その決められた予測地点での蚊の数 population ベースでの予報しか出てこなくて、
        population densityベースになることはありません。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...