パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

磁石は分子レベルに切っても磁石か?」記事へのコメント

  • 鉄とかニッケルとかでも、磁石になっている状態とそうでない状態がありますが
    具体的には何が変化しているのでしょうかね。

    初等的には微視的な磁石の向きがランダムか、揃っているか、で説明されていますが、
    それじゃ答えになっているようでなってない。
    スピンの向きが磁石の原動力だとしたら、スピンの向きが変わったからなのか?
    まさにMRIはそのスピンの向きが変化するのを捉えて可視化しているわけですが、
    あれは水素原子とかのそれを捉えていますが、それと鉄原子のスピンの性質は
    なぜ違うのか。物質物理を勉強すればその本質が分かるのでしょうか?
    と、思っていたのですが、この素粒子物理の専門家にも解っていないとすると
    まだ人類は磁性の本質を理解していないのでしょうか・・・

    こないだMRIにうっかりスマートウオッチしたまま入ってしまって(やばかった。事故にはならなかった)
    充電端子の磁石反転してしまって使えなくなったのでAC

    • Re: (スコア:5, 参考になる)

      以下では,わかりやすい局在磁性の話をします.
      局在磁性というのは,固体中の動かない(移動しない)原子や分子の持つ(スピン)磁力が磁性の主原因となっているものになります.

      磁石(強磁性,もしくはフェリ磁性)かどうか,というのは,スピンの集団的な性質となります.
      一般的に,磁石(強磁性もしくはフェリ磁性)となるためには,

      (1)個々の原子や分子がスピンをもっている
      (2)隣り合うスピン間に,スピンの向きを同じ向きにしようとする強磁性相互作用(もしくは逆向きにしようとする反強磁性相互作用)が働く.
      (3)相互作用が熱によるランダム化に十分勝つほど温度が低く

      • by Anonymous Coward

        金属結合した磁性金属を分子レベルに切断するとは何だろう?

        • 結局のところ、質問した人が想定している「分子レベルに切るということの意味」と「実際に切る磁石の種類」「磁石としての性質とは何か」少し狭い意味に限定した上で、初等的な定義を持ち出さないと、長文になり過ぎてうまく説明できない気がする。
          例えば「『フリー』と書かれたものはどこまでフリーですか」という質問に、「フリーソフトのことならライセンス次第だと思います」のような逃げ方をせずに、用語の説明を含めつつ網羅的に答えようとするのは無理でしょ。もし逃げて良いなら今回の質問も、「普通の磁石は固体ですが、ある程度までバラバラにしてしまうと固体ではなくなるので、その時点で磁石ではなくなってしまいます。詳しく説明すると、固体としての性質を保つためには、ある程度の原子の集まりが必要です」などと短く答えることができる。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            切断という質問に短く回答するために固体という条件を理由も無く前提とする事でトートロジーに持ち込んでるだけだね。
            まあ「逃げ」と言ってるから判ってやってるんだろうけど。

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...