パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

南極観測船の後継に予算の壁」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2003年11月09日 23時00分 (#430697)
    某所で必死に維持している氷海水槽はどうなるのだろう?
    ここ数年、結構な頻度で「次期しらせ」という言葉を聞いているのだが、その人たちの仕事も無駄になってしまいそうだ。
    • 氷海航行可能な大型船舶というと, 今後はサハリン沖の天然ガス輸送用LNGタンカーっていう用途が見えているんですけどね(現在は夏季のみの限定生産みたいですが). 確かに南氷洋ほど過酷ではないかもしれませんが, 比較的経済性での制限が緩やかな南極観測船の建造を通して技術の蓄積を行うって発想は無いのかな?

      親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...